ハリウッドのアンチヒーロー新たな名前が!『ザ・コンサルタント』クリスチャン・ウルフとタイプ別アンチヒーロー!!

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

ベン・アフレックが止まらない!

97年、大親友のマット・デイモンと組んだ『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で大ブレイクし、共同で執筆した脚本で(タイタニック大旋風の中)アカデミー賞を受賞、一躍若手トップスターの仲間入りを果たしたベン・アフレック。また『アルマゲンドン』『パール・ハーバー』などの超大作に出演したものの、その後一時期の作品の不評・不振、私生活のゴシップネタなどが続いて“ちょっとイタイ”存在になりつつありましたが、2007年に初メガホンをとった『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が高評価を受けて、映画作家としての新しい顔を見せたことでキャリア復活し、その勢いのまま監督第三作『アルゴ』でアカデミー最優秀作品賞を受賞。今やハリウッドを代表する映画作家となりました。ちなみに、親友マット・デイモンも一時期伸び悩み時期がありましたがこちらは“ジェイソン・ボーン”シリーズでアクションスターとして新境地を切り開きこちらも壁を乗り越えました。

そんなベン・アフレックの最新作が正体不明の謎だらけの男を演じたサスペンス・アクション『ザ・コンサルタント』。
今作では表の職業は片田舎の会計コンサルタント、裏の本業は腕利きの殺し屋というアンチヒーローを演じています。

一口にアンチヒーローといっても様々なタイプがいます。そこで、簡単に4種類に分けてみました。

【正義の限界痛感型】

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(字幕版)

悪は裁かれなくてはいけません。しかし、その裁きの基になる法と正義がおよばないとき、裏の顔を持つ男たちが動き出します。ヴィジランテ(自警団)などとも呼ばれる男たちです。

現在はベン・アフレックが演じている『バットマン』=ブルース・ウェインなどはその代表例でしょう。表の顔は大富豪のプレイボーイ、しかし裏の顔はその財力を基にした秘密兵器に身を包んだクライムハンター=ダークナイトとして活動しています。

同じような存在でこちらもベン・アフレックが演じたことがある『デアデビル』ことマット・マードックもいます。表の顔は採算度外視で弱者のために闘う盲目の弁護士ですが、夜になると特殊能力レーダーセンスを駆使した赤い悪魔となります。このヴィジランテというキャラクターはアメコミではおなじみで、『ウォッチメン』やパニッシャーなどもいます。
一方で警察という組織にいながら、枠をはみ出るキャラクターもいます。『ダーティハリー』のハリー・キャラハンはその代表例で、『ロボコップ』なども司法の場にいながらも超法規的存在なのでこちらです。『マッドマックス』のマックスも一作目ではこちらの枠に入る存在でしょう。日本でいえば必殺仕事人中村主水でしょうか?

【境界線彷徨型】

インファナル・アフェア 無間道 (字幕版)

法の正義を遂行するために敢えて悪に近づき、その境界線を彷徨・苦悩するヒーローも映画では多く登場します。役どころ的に一番多いのが“潜入捜査官”。邦画でいうとコメディ色が強いので悲壮感はありませんが『土竜の唄』シリーズもそうです。海外でも非常に多くてジョニー・デップの『フェイク』『Xミッション』としてリメイクもされた『ハートブルー』などは親しくなったマフィアをいずれ売るということに苦悩する姿が描かれます。それが潜入捜査官×潜入マフィアでキャラクター設定2乗となったものに香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』があります。この境界線の部分極端に拡大した映画がジョン・ウー監督の『フェイス/オフ』があります。

また、毒には毒を的な方法で常識的には司法の側にはおけないような人物に任務を託すという危険なチョイスを描くものもあって、ヴィン・ディーゼルが主役に復帰する『xXx〈トリプルX〉:再起動』などがそうです。ちなみにヴィン・ディーゼルはアンチヒーロー・ダークヒーローはお得意の役どころです。

【闇堕ち型】

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(字幕版)

例え相対する相手がどれだけ闇深きものであっても希望を捨てずに正義を信じ続けることでヒーロー側に存在し続けていたにも関わらず、闇の中に取り込まれてしまった者たちが残念ながらいます。
その代表例は文字通り“ダーク・サイド”に堕ちた男といえば『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーです。『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』でもおいしい出番でしたが“スターウォーズサーガ”の真の主役といっていいでしょう。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも遺骸が登場して孫のカイロ・レンに大きな影響を与えました。悪党集団をチームにして危険なミッションにぶつけようとする『スーサイド・スクワッド』の面々。デンゼル・ワシントンがオスカーを獲得した『トレーニング・デイ』のアロゾ。潜入しているうちに薬物に溺れ自我を失っていくキアヌ・リーヴスの『スキャナー・ダークリー』もあります。そして、サイコサスペンス・ミステリー映画でラストのどんでん返しがあってネタバレ防止のために“誰がどうした”は言えませんが、ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン共演の『セブン』も強烈な闇堕ちが出てきます。
日本映画では『デスノート』のキラ=夜神月。新世界の神を目指していますが、実際にはダーク・サイドの住人です。

【火の粉は振り払う型】

ワイルド・スピード - スカイミッション (字幕版)

このタイプはもはや自身が正義の側の住人でないことを分かっていて、それでいて同類から手を出されたら、降りかかる火の粉を振り払うように闘い、結果として正義の側が求める結果を生み出すタイプです。

アンチヒーロー役者ヴィン・ディーゼルの最大のはまり役『ワイルド・スピード』のドミニクは相棒のブライアン演じるポール・ウォーカーを欠きながらシリーズ8作目『ワイルド・スピード ICE BREAK(仮)』が待機中です。キアヌ・リーヴスのキャリア復活作となった『ジョン・ウィック』は愛犬を殺されただけでロシアンマフィアを壊滅寸前まで追い詰めます。完璧な運び屋『トランスポーター』のフランク、『ニューヨーク1997』とその続編『エスケープ・フロム・L.A.』でカート・ラッセルが演じたスネークもこの中に入るでしょう。コミカルなキャラクターなんで同系列に並ぶと違和感がありますが『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウもそれですね。日本のキャラでいえば座頭市かなと?

そして、ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント プンチャック・シラット

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

『ザ・コンサルタント』でベン・アフレックが演じるウルフは地味な服装で几帳面すぎ、礼儀作法はしっかりしているものの、どこか若干取っ付きにくい会計コンサルタント。

地元の農家夫婦に税金対策のアドバイスをしたりする、どこにでもいるような片田舎の会計士に見えるが、その正体は世界中の闇組織のマネーロンダリングなどの資金管理を請け負う裏社会の会計士でもあった。

アメリカ財務省の捜査の手が伸びたことを知ったウルフはことが鎮まるまでの時を稼ぐために一般企業を相手にすることに。ネットワークでのみつながるマネージャーが見つけてきたのが、電子機器メーカーリビング・ロボ社の使途不明金の調査の仕事。この仕事を受けたウルフは会計の不備を発見し会社に報告します。しかし、翌日担当役員が不正露見を苦に自殺したために調査の打ち切りを告げられてしまいます。物語はそこから思いもよらぬ方向へと進み出し、ウルフの真の姿も徐々に明らかになっていきます。

この後、自身が監督もする新たな『バットマン』単独主演作(犯罪映画・サスペンス映画の演出に定評のあるベン・アフレックを監督にも起用したのは慧眼ですね)を含むジャスティス・リーグモード一気に突入していくベン・アフレック。

そんなビッグプロジェクト前にベン・アフレックの新しい一面を知っておくのには『ザ・コンサルタント』絶好の品となっています。見逃し厳禁です!!

(文:村松健太郎)

関連記事

『ザ・コンサルタント』バットマンとの“ギャップ萌え”がたまらない!絶対に観てほしい5つの理由
【現地レポ】映画『ザ・コンサルタント』ワールドプレミアを実施!
クラヴマガ、KFM…映画に登場する戦闘術。クリスチャン・ウルフは?
ベールに包まれたクリスの過去が…『ザ・コンサルタント』日本版予告解禁


    ライタープロフィール

    村松健太郎

    村松健太郎

    村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年目に入った映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、イベント運営に携わる一方で各種記事を執筆。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事