時代は“クズなおじさん萌え”だ!『クリミナル 2人の記憶を持つ男』が面白すぎる8つの理由!

5:実はコメディ映画?ゲイリー・オールドマンの無能っぷりにツッコめ!

さてさて、本作は前述したように、幅広いジャンルが混在しているわけですが、実はコメディと言っていいほどに“笑える”ところも盛りだくさんです。

クズおじさんのかわいさだけでもニヤリングが止まりませんが、さらなる爆笑を届けてくれるのが、ゲイリー・オールドマン演じるCIA支局長がバカ丸出しというか、直情的すぎるというか……いや、もうはっきり言ってしまいましょう、“無能”であることです。もはや無能の中の無能、THE KING OF MUNOU。彼の行動のほぼ全てに(良い意味での)ツッコミを入れられるので、愉快で仕方がありませんでした。

要するに、本作は“クズなケヴィン・コスナー VS アホなゲイリー・オールドマン”の極限バトルが勃発すると言っても過言ではないのです。お二人のファンであったらいろんな意味で大興奮することは間違いなし!仲の良い友達と観れば、鑑賞後の会話に花が咲くどころか満開になるに違いありません!(主にツッコミどころに対して)

そうそう、中盤のカーアクション、クライマックスのとあるシーンも、お腹を抱えてゲラゲラ笑えて幸せでした。これは「それは予想つかんかったわ!」という斜め上すぎる展開に対して笑いであるので、ぜひ皆さんも展開を予想してみることをオススメします(たぶん外れます)。

(C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

6:実は切ないラブストーリーでもある!ガル・ガドットの“悲しみ”と“嬉しさ”が同居している表情に注目!

本作は前述したように超がつくほどの豪華キャストが出演しており、特にクズおじさんを演じたケヴィン・コスナーの悪逆ぶりとかわいらしさ、CIAエージェントの妻を演じたガル・ガドットの“悲しみ”と“嬉しさ”が同居した表情には、強烈な印象が残りました。

詳しくはネタバレになるので書けないのですが、このガル・ガドットの表情こそが、筆者がこの映画で一番感動したポイントでした。その卓越しら演技もさることながら、これまで少しずつ見えていた“想い”が溢れ出るシーンでもあるからです。

『ワイルド・スピード』シリーズや『バットマン vs スーパーマン』でガル・ガドットを知った方は、「こんなにすごい女優だったのか!」ときっと驚けることでしょう。“娘”との関係にもグッとくるものがありますよ。

(C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

7:入れ替わってばっかり?不憫な役ばかりのライアン・レイノルズも要チェックだ!

本作で“記憶を移植されてしまう”男を演じたライアン・レイノルズは、実は過去の映画で身体を乗っ取られたり、入れ替わったりしていた忙しいお方です。

2015年の『セルフレス/覚醒した記憶』で、ライアン・レイノルズは大富豪の脳を移植された若者を好演していました。本作『クリミナル』とは“徐々に何かの記憶が蘇る”、“妻や子どもが重要な存在になる”など、共通点も多かったりします。

2011年の『チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?』はハリウッド版『君の名は。』と言うべき内容(?)です。家族や仕事に恵まれても“責任感”にお疲れ気味の男と、俳優の仕事がパッとしないけど独身でモテモテな男が入れ替わるというもので、「隣の芝生は青く見えるけど……」「自分の人生を見つけ直そう」という教訓も得られる、あなどれない作品でした。

で、そんな風に“別人格”を演じてきたライアン・レイノルズが、本作では冒頭であっさりと死んで、ケヴィン・コスナーの中で生き続ける(?)男を演じるわけで。出演時間は短いながらも、映画全体でその“存在”を感じさせる重要な役になっています。レイノルズファンにとっても必見でしょう。

8:実は感動的!“ラストのチラ見せ”をよく覚えておこう!

実は、本作は冒頭で“ラストをチラ見せ”していたりします。こうしたラストのチラ見せは“結末がわかってしまう”ためにストーリーへの興味が削がれる、という点で逆効果を生んでしまうことがままあるのですが……本作では全く違いました。このラストのチラ見せが、しっかりと物語全体に影響を及ぼしているのです。

それでいて、このラストのチラ見せがネタバレになっているということもありません。ぜひ、冒頭のこのシーンでの“言葉”をよく覚えておいてから、物語を楽しむことをおすすめします。伏線が丁寧に張られているおかげもあり、ラストには思いがけない感動がきっとあるはず!

前述したようにあらゆるジャンルの魅力が混在していることですし、物語はテンポよくラストに突っ走るので、万人が楽しめる快作と言い切っていいでしょう!映画ファンはもちろん、“クズなおじさん萌え”という新境地を開拓したい方に、この『クリミナル 2人の記憶を持つ男』を大プッシュでおすすめします!

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:ヒナタカ)

関連記事

『クリミナル 2人の記憶を持つ男』、脳科学者 井ノ口馨教授インタビュー。現在の技術でも記憶を消したり、くっつけたりできる
“記憶”にまつわる映画4選 記憶が2人分?記憶を消す?etc 


    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。なぜか中高生向けの恋愛映画もよく観ています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com