弘兼憲史「獺祭の挑戦」冒頭無料配信!〜中興の祖・桜井会長対談とともに〜

酒の飲み方

獺祭を作る桜井会長と、食に関する書籍も上梓している弘兼さん。お二人はどのように獺祭を楽しんでいるのだろうか。

──先生は晩酌は日本酒だっておっしゃってましたよね。

弘兼:日本酒ですね。まあワインと日本酒を両方、交代で。

──使い分けは

弘兼:つまみによるね(笑)松前漬けがきたら「ワインじゃないだろう」みたいな感じなるし、生ハムとかサラミとかチーズがあったときには日本酒よりワインでいこうとか。

──桜井さんは晩酌はされますか?

桜井:しますよ。日本酒です。

弘兼:やっぱり自社ですか?それとも……?

桜井:だいたい、獺祭。よそのお酒も飲みますけれど、あんまり本気で飲んでいない(笑)

ウチの若い連中に言わせると、酒を飲んでいるときに私の機嫌が良いと、その酒があまり大したことないということのようです(笑)

弘兼:なるほどね。まだまだウチの方がいいな、ということですね(笑)

桜井:結構渋い顔をしているときには……

弘兼:そうとう旨いの飲んだな、みたいな。ちょっと落ち込んでるわけですね(笑)

桜井:他社の酒はよく見える。ウチの酒はすぐ欠陥が見える(笑)

──ほぼ毎日飲まれますか?

桜井:ほぼ毎日ですね。休肝日、なし。

弘兼:僕もないですねえ。

桜井:僕はそんなには飲まないですよ。2合飲んだら最近はもうだめですね。

弘兼:僕も2合飲んだらやめますね。

──獺祭にあうアテは?

桜井:あの……(少考)チーズかな。乳製品がすごくよく合うんですよ。一番わかりやすいのがね、あそこ(店内の冷蔵庫)にアイスクリームがあるでしょう。あれって酒粕とアイスクリームを合わせてるんですけれど、何が合うって、酒とおそらく乳脂肪が合うんです。

弘兼:日本酒のアテでもはやってるのが、いぶりがっこにマスカルポーネチーズを乗せるのがある。
あれが非常に合うじゃないですか。


    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com