フランス映画祭オープニング作品『エール!』出演者によるトークショーレポート

Bonjour!まだまだフランスかぶれが抜けない、編集部公式ライターの大場ミミコです。
いや〜、フランス映画って素晴らしいですよね!!

さてさて、2015年6月26日に開幕したフランス映画祭。筆者はその日、最初に主催者のイザベル・ジョルダーノさんの取材をさせていただき、その直後に開会セレモニーに出席し、そしてオープニング作品『エール!』を鑑賞するというハードなスケジュールをこなしていました。
これまでのレポートはコチラ(↓)。

2015年フランス映画祭開幕!イザベル氏合同取材書き起こし

『フランス映画祭2015』オープニングセレモニー再現レポート

そして、フランスに旋風を巻き起こした感動作『エール!』を拝見させていただいたのですが、これがもう、素晴らしいのなんのって!!
書きたいことは山ほどありますが、感想などは後日たっぷり書かせていただくとして、今回は上映後に行われたトークショーの模様についてレポートさせていただきますね。
その前にまず、映画『エール!』について、軽く内容をお話しておきましょう。

映画『エール!』のあらすじ公開

《あらすじ》
フランスの郊外のとある村で、家族と仲良く暮らす女子高生・ポーラ。威勢の良いパパと、女子力高めのママと、お調子者でオタク気質な弟…どこにでもある、イマドキ風なポーラの家族ですが、普通の家族とは決定的に違う事がありました。それは、ポーラ以外全員、耳が聴こえないというハンディキャップを背負っていること…。

ある日ポーラは、学校の先生に歌の才能を見出されます。「パリで勉強して、才能を開花させるべきだ!」。しかし、耳の聞こえない家族は、ポーラの才能を信じることができません。

自分を犠牲にして家族の為に尽くしてきたポーラは、初めて自分の才能に気づき、自立を考えます。しかし、自分が旅立った後のことを思うと、夢を持つことにも罪悪感を感じてしまいます。果たしてポーラはパリで羽ばたくのか?それとも家族との幸せな生活を維持するのか?

・・・以上が、大まかなあらすじです。
彼女や家族の葛藤と成長を描くと同時に、障害者への特別意識をフラットにするような提案と仕掛けが盛り込まれた、斬新かつ感動のストーリーとなっております。


    ライタープロフィール

    大場ミミコ

    大場ミミコ

    小学生の息子を持つ主婦ライター。美大卒業後、ストーリー漫画家を目指してシナリオ学校の門を叩く。その後10年ほど、映画・ドラマ・コミック原作などのプロットやコンペ原稿などの下積みを経験し、出産を機に引退。現役中は、お金を浮かせるために飯田橋ギンレイ、早稲田松竹などの名画座に通う傍ら、フリーペーパーなどのシネマコラムも執筆する。好きな映画は「真夜中のカーボーイ」「アメリカン・ビューティ」「チョコレート・ドーナツ」など、切ない&救いのない系の作品。一方、「ウェインズワールド」「プロデューサーズ」などのおバカコメディも大好物♡好きな俳優は佐藤健、好きな監督は中島哲也、内田けんじ。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事