中条あやみは「小5男子」、磯村勇斗は「滑り担当」!?「覆面系ノイズ」完成披露

映画『覆面系ノイズ』完成披露イベントが開催。舞台挨拶に中条あやみさん、志尊淳さん、小関裕太さん、真野恵里菜さん、磯村勇斗さん、杉野遥亮さん、三木康一郎監督が登壇しました。

人を虜にする歌声の持ち主・ニノを演じた中条あやみさん。本作のために半年間ほどボイストレーニングを受けたそうで「ニノを演じるにあたって、声はすごく重要なものになってくると思っていたので、一生懸命がんばりました。MAN WITH A MISSIONさん含めいろいろな方に素敵な曲を書いてもらえたので、見たら必ず感動する音楽になっていると思っています。自信あります!」と笑顔。中条さんと一緒に試写を見たという小関裕太さんは、「すごい鳥肌立ちました」と思わずその場で握手をしたそう。

ニノの声に魅了され彼女のために曲を書き続けるユズを演じた志尊淳さん。完成した作品について「出来上がった映像に音楽がのるとすごく僕も鳥肌が立ちました。感情の流れが曲にも流れて世界観とマッチしていているなと感じた」と語り、「中条ちゃんの歌声が素晴らしい」小関さんに続いて、中条さんを絶賛。

「制服ギリギリだったよね」と舞台で監督からいじられていたのは真野恵里菜さん。「私、当時25歳で、監督が『がんばれ、25歳!』っていうのを、みんなが『真野ちゃん、大丈夫かな…』という目で見るんですよ…」とやや自虐気味。これに「大丈夫だよ、真野ちゃん」と杉野遥亮さんがフォローを入れましたが、「遅い遅い」と周りから突っ込まれる羽目に。

今回、初めて楽器に挑戦したというキャスト陣。磯村勇斗さんは「音楽の迫力や繊細な部分もたくさん描かれている、最後のシーンに向けて一生懸命頑張ったので、その熱量も楽しんでほしい」とコメント。

楽器演奏について、志尊淳さんとのセッションのシーンがあるという小関裕太さんも「お互い初めて触る楽器だったので、それをいかにセッションとしてその場で生まれたメロディにできるかとこだわって緊張感をもってやりました。ぜひ見ていただきたい」とアピールしていました。


    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com