新宿ピカデリーの帰り道は『アカシア』でロールキャベツシチューを

新宿ピカデリーは2008年開業の新しい映画館(シネマ・コンプレックス)ですが、もともとこの地には1958年開業の『新宿松竹会館』という映画館がありました。1958年は昭和33年。シネマズの読者のみなさんでも生まれてない方も少なくないのではないかと想像してしまいます。

その新宿松竹会館が出来て5年後の1963年に開業した新宿の食事処が『アカシア』。エビフライやハンバーグといった洋食のメニューの中でも、今回は50年以上の間守り続けてきたと言われている”ロールキャベツシチュー”を食べに訪れました。場所は新宿の『スタジオアルタ』の裏口を出て徒歩10秒くらい。

ロールキャベツを頂く

何といってもアカシアさんのお勧めは創業以来続いているロールキャベツシチューですね。それにカキフライ、ご飯を合わせたメニューを注文しました。お値段は1470円。

新宿 アカシア ロールキャベツ

ほどなくして出てきたのがご飯とロールキャベツシチューです。カキフライとのセットでしたのでロールキャベツは1個ですが、数は調整できます。大きさは名刺入れくらいでしょうか。

楕円の器にシチューのスープが注がれ、そこにロールキャベツが見えています。海にぽっかり浮かんでいる小島のようでもあります。ロールキャベツにシチューのスープをかけているというよりは「シチューの具がロールキャベツだ」ということなのでしょうか。一般的なシチューの具はありませんが、これだけでごはんが何倍もいけそうです。

新宿 アカシア ロールキャベツ 洋食 老舗

新宿 アカシア ロールキャベツ 洋食 老舗

ロールキャベツはとてもつやつやしています。スプーンの端で簡単にカットできてしまうほど、キャベツが柔らかく煮込まれていて、カットするとシチューに肉汁が出ていくのが分かるのです。ああ、かぶりついて肉汁を味わえばよかった…。キャベツもお肉もアツアツでボリュームもしっかりしています。初めて行かれるのであれば、このロールキャベツが2個入っている『ロールキャベツシチュー定食』(820円)で存分に堪能するのもお勧めです。

濃厚でありつつも塩味が抑えめな美味しいシチューでした。できればこのシチューにご飯を入れて食べてしまいたい。もしくは、ごはんにシチューをかけて食べてしまいたい。ほかのお客さんが居なかったらやっていたかもしれません(笑)


    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事