4DX全国上映も決定 盛り上がり続けるガルパン旋風!

■「キネマニア共和国」

ガールズ&パンツァー 劇場版(C)GIRLS und PANZER Film Projekt

前回、劇場版を含む『ガールズ&パンツァー』ことガルパンの魅力をシンプルに一言で表したところ、「こんなんでギャラ払えるかい!」と編集部に怒られてしまいましたので、深く反省して今回は……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~》

今からでも十分間に合う、ガルパンの魅力をとくとご紹介!

戦闘ではなく、あくまでも武道として、
乙女の嗜みとしての戦車道⁉

そもそも『ガールズ&パンツァー』は、2012年10月から放映された全12話(+総集編2話)のテレビ・アニメーション・シリーズに始まり、14年にはOVA『これが本当のアンツィオ戦です!』が、そして15年に劇場版が製作されました。

その内容ですが、簡単に言うと女子高校生たちが戦車に乗って他校と試合するというものです。

なんじゃそりゃ? と多くの人が思うかもしれませんが、要は剣があっての剣道、弓があっての弓道、ならば戦車があっての戦車道があってもいいじゃないかという、そんな世界観の中での物語。

つまり戦車道とは戦闘ではなく、あくまでも武道であり、しかも華道や茶道と並ぶ乙女の嗜みといった「そんなわけあるかい!(笑)」と突っ込みたくなるような、何ともぶっ飛んだ設定が設けられています。

華道や茶道と同じように、戦車道にも西住流、嶋田流といった流派もあります。

そして本作のヒロイン西住みほは、西住流戦車道の家元の次女で、熊本の黒森峰女学園の副隊長を務めていましたが、とある事情で戦車道から逃れるように戦車道のない大洗女子学園に転校しました。

しかし、まもなくして何と大洗女子学園でも戦車道が履修科目として復活することになり、唯一の経験者であるみほは、生徒会のごり押しによって戦車道を履修させられる羽目になりました。

かくして、みほを隊長に戦車道を履修する少女たちは全国大会優勝を目指し、さまざまな強豪校たちと試合をしていくのです……。
gup_movie_b_05_web_large

(C)GIRLS und PANZER Film Projekt

およそありえない世界を
徹底的に構築していく気持ちよさ

これまで美少女キャラを用いたバトル・アニメーション作品は数多くありましたが、本作が他と大きく異なるのは、あくまでも学校の履修科目のひとつとして授業を受け、試合をしていることで、決して戦争をしているわけではなく、あえてジャンル分けすると、これは剣道や弓道、柔道などと同じスポーツものなのです。

戦車と聞いただけで、戦争をイメージする向きは確かにあるでしょうが、むしろ戦争的な要素を排し、さらには文部科学省の理不尽な仕打ちに対抗する反骨の姿勢までうかがわせながら、戦場の兵器としての戦車ではなく、少女たちをおおらかに、そして優しく包み込むような、そんな頼もしい父親であり恋人であるかのような戦車が魅力的に具現化されています。

また、これは試合なので(不慮の事故でもない限り)、絶対に人は死にません。車内は特殊カーボンでコーティングされているので、乗組員の安全は確保されています。

こういった、およそありえない設定をバシバシ導入していくことで、本作が現実とは異なる映像の中の虚構の世界であることが、見る者にも理解されていきます。

「ンなわけないだろう」と突っ込むのは、もはや野暮。『スター・ウォーズ』みたいに遥か昔のどこか遠くの星のお話といった気持ちで接すればよいのです。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com