あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ガールズ&パンツァー最終章 第3話』レビュー:待ち侘びた甲斐だけある興奮と感動の第3弾!



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

実はもう、正直なところ冷めかけてました、私。

だって前作の『ガールズ&パンツァー最終章第2話』の公開が2019年6月15日ですから、もう1年半以上待たされていたわけです。

まあ、もちろん昨年からずっとコロナ禍という前代未聞の事態にも見舞われているので、そこは差し引きしなければいけないのでしょうし、エヴァとか『スター・ウォーズ』の完結とかに比べればまだまだマシなほうではありますが、それでもおよそ1時間の新作を2年近くも待つ身の辛さ!
(ガルパンおじさんの多くは高齢なのだ!)

というわけで今回は重い腰を上げて、ようやく映画館へ赴いた次第なのでした
(……とはいいつつ初日の初回、上質の画と音響の上映コースを選びましたけど、何か?)。



ところが、オープニングの主題歌イントロと同時に我らがみぽりんこと西住みほが銀幕の大画面に映し出された瞬間、脳内は一気にガルパンおじさんモードへ再突入!

前回の続きとなる冬季無限軌道杯2回戦。

みぽりん率いる大洗女子学園と戦車道で戦うのは、あの知波単学園。

俗に日本風味の戦車及び気風を備え、これまでは勝つためというよりも単に突撃したいがために戦車道をやってたような面々が『ガールズ&パンツァー劇場版』(15)での大洗との共闘によって徐々に認識を改め、ついには「勝つために撤退する」ことを覚えるなど、一気に大洗の強敵へと変貌。

そして今回の第3話は、そんな知波単学園が更なる知恵と勇気を振り絞って大洗学園を窮地へと追い込んでいくのですが、その作戦のすさまじいこと!

あっぱれ知波単学園!ってか、そこまでやるとは思ってなかったぞ!

対する大洗学園側では、あひるさんチーム(バレーボール部の女の子たち)がちょっと目立って健闘しているのがお楽しみ。

またジャングルと川を舞台に繰り拡げられる戦闘、いや試合シーンの数々は秀逸な3DCGIによって、まるで3D映画を裸眼で見ているかのような立体的映像感覚にあふれており、迫力も見応えも十、いや十二分!

そうこうしているうちに、ついに迎える勝負の決着ですが、これまたあっと驚くもので、一瞬場内が「おお!」とざわめいたほどスリリングなものでした。

(もちろんどっちが勝ったかは、ご自身の目でお確かめください!)



後半は2回戦の他チームの動向が描かれます。

プラウダ高校(ロシア風)×黒森峰女学園(ドイツ風)

サンダース大学附属高校(アメリカ風)×継続高校(フィンランド風)

アンツィオ高校(イタリア風)×聖グロリアーナ女学院(イギリス風)

これらの勝者と大洗×知波単戦の勝者を加えて、いよいよ準決勝が開始!

これまた凍りつくようなクライマックスを経て、また次回『第4話』へ!

もうすっかりガルパンおじさんモードが蘇ってしまったこちらとしましては、一刻も早く次を見たいところではありますが、やはりこのクオリティを保持するためには1年以上の制作期間は必要なのかなとも、改めて納得。

ならば次がお披露目されるまで、この第3話を、そして今までのガルパン・シリーズを今一度とことんリフレインし続けることにいたしましょう!

(文:増當竜也)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『ガールズ&パンツァー最終章 第3話』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録