『花は咲くか』渡邉剣×天野浩成「初めてのキスは塩サバの味」キャスト対談&相性診断

2月24日(土)公開の映画『花は咲くか』。日高ショーコ原作の大人気BL(ボーイズラブ)コミックスを実写化した作品で、他人に興味をもてない大学生・水川蓉一と広告代理店で仕事に追われるサラリーマン・桜井和明がひょんなことから出会い、少しずつ心を重ねていくピュアなラブストーリーです。

(C) 2018東映ビデオ (C)日高ショーコ/幻冬舎コミックス

今回、シネマズby松竹では、蓉一役の渡邉剣さんと桜井役の天野浩成さんを直撃。同性同士であること、年の差など、いくつもの壁を越えて花を咲かせようとする二人の関係性に迫りました。スケッチブックを使った「相性診断」にも注目です!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──初対面の第一印象はいかがでしたか?

渡邉剣(以下、渡邉):僕は、静かな方だなという印象を受けて、「どんな桜井さんに仕上がるのかなと」というイメージが気になりました。

天野浩成(以下、天野):僕も、物静かな方だなと思いました。あとは、「みんなに愛されているなあ」という印象もありましたね。

──『花は咲くか』の原作、脚本を読んだときに、演じる役についてどう思われましたか?

渡邉:蓉一は全然話さないし無愛想だし、ダークな部分を感じたので、「僕が演じてどうなるんだろう」と不思議な気持ちになりました。ただ、僕自身も蓉一のように思いを言葉にするのが苦手で、他のことは話せるけれど、「僕はこうしたいんだ」という自分の意志がなかなか言えないときがあるので、そういうところはすごく共感できるなと。

人と話すのはすごく好きなんですけれど、逆に、人に会いたくなくてずっと家にとじこもっていたいときもあるので、蓉一の気持ちと重なるものではないかもしれませんが、似ている部分があるなと、親近感はわきました。

(C) 2018東映ビデオ (C)日高ショーコ/幻冬舎コミックス

天野:僕は、原作を読んだとき、桜井の煮え切らないところに「もっと、はっきりすればいいのに」ともどかしさを覚えましたね。とはいえ、大人で、それなりの仕事をして会社でも地位のある桜井が10代の男の子に恋をしてしまうというのは、彼自身がすごく戸惑うことで、その気持ちは理解できたので、「自分がそうなったら、どうするんだろう」「どう表現すればいいんだろう」と考えていました。

2人の距離が縮まっていく過程を大切に

──本作は、BLではありますが、とても純粋なラブストーリーですよね。お話の中で蓉一と桜井が距離を縮めていくというときに、意識されたことは?

渡邉:蓉一は桜井さんに対して最初は全然距離を縮めようとせず、本当に少しずつ近づいていくので、表現力の乏しい彼の変化をどうやって演じたらいいのか、歩みより方がすごく難しかったですね。

蓉一のほうから好きになってはいるけれど、彼は自分からグッと近づいてはいかない。桜井さんが少しずつ来てくれるから縮まっていく感じで、そこの表現が本当に苦労したんですが、初めて人を好きになって、「もっと、この人のことを知りたい」とだんだん興味を持てたらいいのかなと思って、人見知りの彼が徐々に心を開いてくのを意識していました。

天野:映画の中には原作の素敵なシーンがつまっているのですが、原作の中である程度時間をかけて縮まっていく恋を、映画という尺が限られている中で表現していかないといけなかった。それだけに、原作を読んだ方だけがわかるダイジェストのようにしたくはなかったんです。映画の尺の中で流れのままにどんどん行ってしまうと、僕が早く蓉一のことを好きになりすぎてしまう気がして、そこをどうしたらいいのかなというのはすごく考えましたね。

(C) 2018東映ビデオ (C)日高ショーコ/幻冬舎コミックス

桜井はもともとは男性が好きではなかったのに、初めて蓉一を好きになった。一方の蓉一はそもそも誰も好きになったことがないけれど、たぶん男性も大丈夫というタイプ。だから、そういうことになったときに、桜井のほうに躊躇や戸惑いがなければ、すんなり恋愛する話になってしまうなと思いました。

渡邉:そう、それがないと、この人たちすごい簡単に好きになってしまうなっていうのがありましたね。

天野:そのために、監督と何度も話をしました。いくつか自分たちの中でポイントがあったんですが、原作のイメージもこわしたくはなかったので、「ここって、“好き”ですか?」「原作だとこの場面はこういう感じだけど、映画のここでそれだと早いですよね」と、台本全部にイメージの印をつけて、それを最後につなぎあわせていくという感じで、通常の作品よりも何度も監督に自分の気持ちを伝えて、整理しながら撮影していきました。

渡邉:そこは、監督もものすごくこだわっていて、だからこそ出来上がった作品だと思います。

──完成した作品を見て、どう思われましたか?

(C) 2018東映ビデオ (C)日高ショーコ/幻冬舎コミックス

渡邉:なんともいえないもどかしさがありました。僕は恋愛ものの仕事が初めてでしたし、そもそも恋愛ものを見ているときに恥ずかしいと思ってしまうタイプなので、そういう照れもあり、何かこそばゆいというか。ただ、どんなふうになるのかなんとなく想像はできていたんですが、全部つながったものを見て、「ものすごくきれいにまとまった。繋がったな」と思いましたね。「純粋な恋愛っていいなあ」と、客観的に見れる部分もありました。

天野:僕もすごくきれいな作品だと思いました。ロケーションもストーリーも台本以上に、撮影時以上になっていると感じました。もともとの原作が素晴らしくて、その中で素敵な台本を起こしていただいて僕たちが演じたわけですが、その後の編集の段階で監督ががんばってくれたんだなあと。すごく時間をかけてていねいに仕上げてくれたんだなと思いました。

やったことはないけど釣りが好き!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──映画の中で、蓉一は絵を描くことに没頭していて、一方の桜井は仕事が忙しくて、何かに没頭する時間もないという感じですが、お二人は、仕事以外で何か没頭できるものはありますか?

渡邉:僕は最近は釣りの動画を見ています。見ているってことは釣りがたぶん好きなんですよね。やったことはないんですけど(笑)。

天野:え、やったことはないの?

渡邉:やったことはないんですけれど、釣りをして、釣った魚を食べましょうってところまで動画をひたすら見ています。

天野:釣りはヒットするまで、時間がかかるよね…?

渡邉:そこは、うまく編集してくれているので(笑)。僕は、あまりやるわけではないんですが、料理を作ることも好きなので、魚をさばいたり料理をしているところを見るのがすごく楽しいんです。なので、その流れで、釣ったところから全部見てしまうって感じになりました。だから、釣ったりさばいたりしたことはないけれど、魚はさばけます(笑)!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

天野:僕は、家族との時間以外で、プライベートで一人で没頭しているのは、剣道です。道場にも通っていて、試合をすることもあります。精神を統一する極みにはまだ行けてはいないんですが(笑)、40歳を前にして無理なく運動ができるというのを楽しんでいますね。

──最後に、この映画を見ようと思っている、恋や人生に「花は咲くか」と悩んでいる方たちへ、エールをお願いします。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

渡邉:現段階で片思いをしている人もいると思うんですが、蓉一や桜井さんたちのように無事に花が咲かせられて恋が実ったらいいなと思います。作品の中で登場人物が種からつぼみへ、そして、花を咲かせていく成長を楽しんでほしい。そしたら、映画を見た意味があったと思っていただけるかなと思います。

天野:僕が演じる桜井は、困難の中で恋をしているんですが、実はそれは自分で困難の壁を作っているだけなんです。そして、作っていた壁がなくなったときに花が咲いていった。映画を見ていただけたら、何かきっと伝わるものがあると思います。花は、咲きます!


    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com