リアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』インタビュー企画・SCRAP篇

ある映画館からの脱出 リアル脱出ゲーム SCRAP インタビュー

史上“初”の映画館を舞台としたリアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』が2015年10月17日(土)〜11月13日(金)の間、東京・丸の内ピカデリーにて開催される。

開催がアナウンスされてからというもの、すでに多くの反響があるこちらのイベント。開催を前に、本企画を共催した株式会社SCRAP、株式会社松竹マルチプレックスシアターズ、そして会場となる丸の内ピカデリーに、シネマズが独占インタビューを行った。

第1回目となる今回は、株式会社SCRAPの西澤さんに本作の魅力、そしてリアル脱出ゲームの今後についてなどお話を伺う。

【関連】
リアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』インタビュー企画・丸の内ピカデリー篇
リアル脱出ゲーム『ある映画館からの脱出』インタビュー企画・SMT篇

「映画館、なんでやってなかったんだろう?」

ある映画館からの脱出 リアル脱出ゲーム SCRAP インタビュー

―今回、映画館とのコラボで行う初のリアル脱出ゲームということですが、どういった経緯で企画が決まったのでしょうか?

最初は松竹マルチプレックスシアターズさんから今回のお話をいただいたんですけど、“脱出”なので、ある空間に閉じ込められて、実際の空間でその謎解きをするっていうのが、ひとつの作り方なんです。遊園地とか東京ドーム、学校とか廃病院とか、わりとみんなが閉じ込められたことがない空間ということでやってきました。ところが、なぜか映画館だけはこれまでやったことがなかったんですよね。

―つまり、SCRAP的にも意外な場所だった?

なぜか映画館だけが抜けてましたね。その話を頂いた時に「映画館、なんでやってなかったんだろう?」ぐらいの気持ちでした。元々映画館自体がすごく魅力的な場所だし、実際に丸の内ピカデリーさんを下見させて頂いたら、空間としてシネコンの無機質な感じではなく、すごくおしゃれな映画館でよかったんです。

僕は、元々映画館大好きなんですよ。週に2,3回は映画館に足を運ぶくらいでして。その中でもこのおしゃれな丸の内ピカデリーでやれるならそれを断る理由なんてなくて、むしろやらせてくださいってなりました。また、場所に依存した脱出ゲームはここ最近SCRAPとしてはやってなかったんで、施設名がタイトルに入るのは結構久しぶりだなと思います。

「それをリアルでやってみたらいいんじゃない?」

―そもそも“リアル脱出ゲーム”というのは、どういったものなのでしょうか?

お客様自身がある空間に閉じ込められて、危機的な状況に陥ります。1時間とかの制限時間があって、その制限時間内に謎や暗号を解き明かして、その危機的状況を打破し、そしてその空間から脱出しなくちゃいけない。お客様が実際に参加して物語を進めていくゲームになります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事