人の人生に寄り添うものでありたい―是枝裕和監督シネマズ独占インタビュー

海よりもまだ深く 是枝裕和監督 インタビュー

是枝裕和監督の最新作、阿部寛主演『海よりもまだ深く』のBlu-ray&DVDが発売となった。シネマズでは、是枝裕和監督に単独インタビューを実施。映画公開前後では聞けなかった本作の裏話や、次回作について話を伺った。

『海よりもまだ深く』是枝裕和監督シネマズ独占インタビュー

海よりもまだ深く
『海よりもまだ深く」より(C)2016フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

『海よりもまだ深く』は、いくつになっても大人になりきれない男と、そんな息子を深い愛で包み込む母の姿を中心とし、夢見た未来と少し違う今を生きる家族を描く、“なりたかった大人”になれなかった大人たちを描いた作品。

主人公・良多を阿部寛、良多に愛想を尽かした元妻を真木よう子、良多の母を樹木希林が演じるほか、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、橋爪功ら豪華キャストが集結した。

なりたかったのは「ちゃんとした大人」

海よりもまだ深く 是枝裕和監督

――本作では、“なりたかった大人”になれなかった大人たちをテーマに描かれていますが、監督は“なりたかった大人”になったと思いますか?

全然なれてないね。

――以前答えていましたが、「プロ野球選手」になりたかったそうですね?

あの当時は子どもはみんなそうでしたよね(笑)本当にプロ野球選手を目指していたかというと、そうではなかったと思います。

――では、監督にとっての“なりたかった大人”とは何でしょうか?

ちゃんとした大人ですね。父親としても夫としても。特に自分の場合は、自分の父のような大人には、なりたくなかった。

――なりたくない大人というわけですね。

でも、むしろだんだん父に似てきていると思います。

海よりもまだ深く
『海よりもまだ深く」より(C)2016フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

――監督のお父様は、本作の主人公・良多のように、ギャンブルが好きなお方だったそうですね。

はい。自分はギャンブルをやっているわけじゃないけど、その代わり映画をやっている。そう考えると、父と大して変わらないなと。

最初は「ちあきなおみ」だった

――劇中でテレサ・テンの「別れの予感」が流れるところは、「この曲がタイトルになったのか」と印象深い場面でした。なぜ、あの曲の一節からタイトルをつけたのですか?

この作品は『歩いても 歩いても』の姉妹編として作り始めたんです。『歩いても 歩いても』は、いしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」の一節からつけたもので、今回も同じように曲からタイトルをつけようと思いました。台風の夜、ラジオから流れてくる台風情報の後に1曲かけようと、最初に決めたんです。

――最初からテレサ・テンの「別れの予感」に?

いや最初は、ちあきなおみの「喝采」にようと思いました。でも、あの歌は詩が重すぎて、曲を流しながら喋らせることができなかった。それじゃどうしようかとなって、樹木さん演じる良多の母親が、経験したことのない恋愛を歌った曲にしようと。それで選んだのがあの曲だった。曲が決まって、それからシーン1を書き始めたんです。

海よりもまだ深く
『海よりもまだ深く」より(C)2016フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

――作品のスタートが、音楽を決めたところなんですか!

『歩いても 歩いても』でも同じやり方をしたんです。最初にタイトルをつけてから、話を書いていった。本作では台風の夜に、この曲がかかるというところに向けて、話を練っていきました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事