“ジグソウ”が見えないところでやっていた11のこと『ジグソウ:ソウ・レガシー』

© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved Photo credit: Brooke Palmer

ホラー映画戦線異状あり!?

今年のアメリカ・ハリウッドでのヒット作の並びを見ると異変が起こっているようです。というのもしばらく、静かだったホラー映画でヒット作が続いているのです。シリーズもの、特にアメコミ映画百花繚乱の今、その間隙を縫ってランキング上位に顔を出し続けています。それ以外で上位に入っている作品というと『ダンケルク』ぐらいですね。

そんな今年を振り返って見るとまず1月にM・ナイト・シャマラン監督の復活作『スプリット』が3週連続全米TOPのスタート(シャマラン監督としては何と『シックス・センス』以来の快挙)。すぐに2月に『ゲットアウト』がスマッシュヒット。そして秋になると『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』があの名作『エクソシスト』を超えるホラー映画ナンバーワンヒットを記録。

そして、アメリカではホラー映画が最も求められるハロウィンシーズンでは『Happy Death Day』が初登場一位を記録。そしてハロウィンど真ん中の10月最終週にはあの『SAW』シリーズがまさかの復活、かつての定位置で公開されると当然のように全米1位に輝きました。

真打登場

© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved Photo credit: Brooke Palmer

かつてハリウッドのハロウィンシーズンを7年間盛り上げたソリッド・シチュエーション・スリラー『SAW』シリーズ。21世紀末の90年代ハリウッドではホラー映画は停滞傾向にありました。再構築系の『スクリーム』シリーズや襲い掛かる存在がもはや禁じ手な『ファイナル・デスティネーション』シリーズなどのティーンエイジ・スラッシャーが辛うじて存在感を出したていたくらいです。

21世紀に入ると『リング』『呪怨』などのJホラーのリメイク版でまず盛り上がり、70年代、80年代のスプラッターホラーのリメイク版が席巻しました。その後POV系・ファウンドフッテージ系(『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ)という低予算作品にぴったりな造られ方の映画が時々登場。最近になってオカルト路線がまた復活したりして少しずつホラー映画が復権傾向にあります。この秋は『ゲットアウト』『アナベル死霊人形の誕生』『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』などのビッグヒットが連発されて上昇気流が吹き始ました。

ちなみに元々はホラー映画の1ジャンルだったゾンビ映画はもはや完全に独り立ちしてしまい、もはやホラー映画という括りからは外れてしまいました。

21世紀最初のホラーアイコンの登場

© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

ところがその上昇気流に大きなものが欠けていました。それはわかりやすい“顔”。かつてのジェイソンやフレディのような、映画を見ていなくても何となくわかる“顔”がいませんでした。そんな中で登場したのが最前列の殺人ゲームマスター“ジグソウ”です。

その素顔は余命幾ばくもない初老の男性。しかし自分の死を意識したことで、人の命とその命を人がどう思っているのかを強く考えるようになり、異様で異常な使命感を抱きます。そして、命を懸ければ命が助かるというトラップだらけの殺人ゲームを主催するようになりました。

ちなみに自身は重病に侵されていることもあって、ゲームを仕込み切ったころには身動きをとるのも一苦労な状態。そのため腹話術人形のビリーをシンボル(自分の身代わり・代弁者)としてゲームの最前列に置いています。ちなみのこの人形、元々はジグソウと妻のジルの間に生まれる予定だった息子のためのもの、という切ない裏事情もあります。

そんな、殺人鬼ジグソウが見えないところでしていた11のこと

© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved Photo credit: Brooke Palmer

余命幾ばくもない体に鞭打ってジグソウは本当に色々見えないところであれこれと仕込みをしていました。

シリーズ自体の裏話を言ってしまえば監督と脚本、出演をしたジェームズ・ワンとリー・ワネルの若手クリエイターコンビはそもそも『SAW1』は名刺代わりの一作でこれっきりにする予定でした。ところが思わぬ大ヒット。そこで他の映画用に用意していたアイデアを『SAW』シリーズ化に向けてアレンジして追加。

『SAW4』以降、二人は製作総指揮に名を残すだけで実質シリーズからは離れていったものの、設定の後付け追加路線はすっかり定着。結果としてジグソウは恐ろしく先見の明がある殺人鬼だったことになりました。

そんなキャラクターに説得力を持たせたのは、何といてもジグソウを演じたトビン・ベルの存在が大きいでしょう。決して大きな役に恵まれてきたわけではありませんが、80年代からコツコツとキャリアを積んできた、御年75歳の知性と独特の風貌を兼ね備えた彼なくしては、ジグソウの素顔や過去を描いていくという技は通用しなかったことでしょう。

※次のページでは殺人鬼ジグソウが、見えないところでしていた11のことを解説しています。


    ライタープロフィール

    村松健太郎

    村松健太郎

    村松健太郎
    脳梗塞と付き合いも10年目に入った映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、イベント運営に携わる一方で各種記事を執筆。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com