ジョン・ギラーミン監督追悼 70年代ハリウッド大作監督の真実

■「キネマニア共和国」

イギリス出身の映画監督ジョン・ギラーミンが今年9月27日、心臓発作のために亡くなりました。89歳でした。
1970年代映画ファンにとって、決して忘れられないこの名前……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.34》

当然ながら、追悼させていただきます。

『ブルー・マックス』と『レマゲン鉄橋』
戦争映画の二大名作

ジョン・ギラーミンは1925年11月11日、イギリス、ロンドンの生まれ。
ケンブリッジ大学出身で、イギリス空軍に勤務した後、フランスでドキュメンタリー映画の現場に携わり、イギリスにもどって50年に『TORMENT』(未)で劇映画監督デビューを果たしました。

日本では『ターザンの決闘』(59)『ターザンと猛獣の怒り』(62)といったターザン映画あたりから紹介されるようになっていきますが、この時期のマッチョ的に映える資質は、その後のキャリアにもどことなく反映されているかのように思えます。

そんなギラーミン監督の名を一躍世に知らしめたのは、第1次世界大戦下のドイツ空軍を舞台に、名誉欲にとりつかれたパイロットの野心と非業の運命を描く戦争映画の名作『ブルー・マックス』(66)でした。
516Dmc05FlL
また、ここで主演を務めたジョージ・ペパードとは、その後も探偵ミステリ『野良犬の罠』(67)、カルト教団の魔手で殺人犯にでっちあげられた元ボクサーの闘いを描く『非情の切り札』(68)でもコンビを組み、多大な成果を上げています。

また第2次世界大戦末期、ライン河にかかる鉄橋を挟んでの連合軍とドイツ軍の攻防をダイナミックに描いた『レマゲン鉄橋』(68)における戦闘シーンの数々は、今も戦争映画ファンの語り草となっています。
516F-NZdwuL

その後西部劇『エル・コンドル』(70)、その名もずばりの航空パニック映画『ハイジャック』(72)、人気シリーズ第3作『黒いジャガー/アフリカ作戦』(73)を無難にまとめ上げた後、ギラーミンが取り組んだのが『タワーリング・インフェルノ』(74)でした。
51X+PAkQVNL

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com