『 風の色』古川雄輝インタビュー「海外映画を観ている感じでみてほしい」

『猟奇的な彼女』『僕の彼女はサイボーグ』で知られるラブストーリーの巨匠、クァク・ジェヨン監督の最新作『風の色』。シネマズby松竹では、本作の主演を務める古川雄輝さんを直撃!

(C)「風の色」製作委員会

幼少期から海外で過ごした経験を活かし、海外の作品に出演するなど、国際派俳優として着々と歩みはじめています。そんな古川さんに本作の見どころから、ご自身についても語っていただきました!

クァク・ジェヨン監督への信頼


──日本のみならずアジア圏での活動も積極的な古川さんですが、日韓合作である本作のオファーを受けたときの感想を教えてください。

古川雄輝(以下、古川):撮影をしていたのは2年くらい前で、当時も海外の作品に参加させていただく機会はありましたが、クァク・ジェヨン監督の作品で主演をやらせていただけるというのは、やっぱり嬉しかったですね。とても光栄なことだと思いました。

──スタッフも日本と韓国の合同チームだったと伺いました。現場でのコミュニケーションで苦労された点はありますか?

古川:特になかったですね。僕自身英語が話せますし、監督も日本で映画を撮られたことがあるからか、日本語が意外と上手だったので、コミュニケーションの部分での苦労はありませんでしたね。

──日本と海外とでは撮影方法も違うかと思いますが実際撮影がスタートして、“ここは日本と違うな”と驚かれた点はありますか?

古川:驚いた点といえば…すべてですね(笑)。今日どのシーンを撮るのか、というのが監督の頭の中にしかなかったんですよ。もちろんスケジュールは用意されてるんですけど、例えば『今日は夕日が綺麗だからこのシーン撮っちゃおう』とか『このシーンはやっぱり泣こうか。はい、本番!』みたいな感じで、監督の唐突なひと言で決まっていくんですよね。

──抵抗なくすんなり受け止められましたか?

古川:最初はやっぱり戸惑いましたけど、1日が終わると、監督がその日に撮ったものをその場ですぐ編集して、曲をつけて見せてくれるんですよ。それを見ると「あぁ、やっぱりすごい良い画が撮れてるなぁ。明日も頑張ろ!」って思っちゃうんですよね。そこがまた日本の作品とは違う部分というか、クァク・ジェヨン監督ならではなのかなぁと感じました。

過酷な現場

──水中での脱出マジック、大掛かりなセットで大変そうだなぁと観ているこちらにも伝わってきたのですが、実際いかがでしたか?

古川:いやー、大変でしたね。雨のシーンや氷水のバスタブのシーンとか、とにかく水を使うシーンが多くて。監督大好きなんですよ、水が(笑)。

(C)「風の色」製作委員会

最後の脱出マジックもほとんどスタントなしで僕がやりました。実は手違いがあって温水を使うはずが真水が届いちゃって、ウェットスーツの中に熱湯を入れながら撮影してたんですけど。体にチェーンを巻いた状態で潜って、息が続く限りギリギリまで水中で芝居したら、酸欠と低体温症で倒れちゃって。

その翌日から2、3週間くらい頭痛が続いちゃったり、1日3時間くらいしか歩けない状態になってしまって。8年間役者やってきて、これを越えられる現場はないって思うくらい、圧倒的な大変さでしたね。

今後の展望

──今回一人二役に挑戦されてますが、どのように演じ分けられたのでしょうか?

古川:監督とはそんなに演じ分ける必要はないね、という話をしました。ドッペルゲンガーという設定なので、まったく異なる性格ではなく比較的近い場所に存在している人物として捉えて、髪型や衣装のテイストを変えたりする程度でしたね。

──監督は“こんな恋愛がしたい”とおっしゃっていましたが、ご自身と役柄を照らし合わせて共感できる部分ありましたか?

古川:共感は難しいですね。やっぱりファンタジーなので普通のラブストーリーとは違うので、この世界観だから成り立つ恋愛だと思いますけど、強いて言うなら相手のことを本当に好きだからこそ、相手を思って身を引くとかはあるかもしれないですね、僕も。

──2017年の12月に30歳になられましたが、お仕事やプライベートでチャレンジしてみたいことはありますか?
古川:僕、実年齢よりも年下に見られがちなので、30歳にもなったことだし、より大人な男性になりたいですかね。例えばお洒落なレストランにスッと入れるようになるっていうか。

──今でも行っていらっしゃいそうに見えますが…

古川:全然行かないですよ。きたなシュランです(笑)。もっとこう値段とか書かれていないようなお店に入れるようになりたいですね(笑)。

役者としては、30代になるとガラッと役柄の層が変わると思っていて。まだしばらくは大学生くらいの役が続くかもしれないんですけど、もう少し実年齢に近い役にも挑戦していって40代、50代への蓄えを作りたいなと、そういう役柄に出会えたらいいなと思っています。

──それでは最後に、シネマズ読者へメッセージをいただけますでしょうか?

古川:邦画なんだけど海外映画を観る感覚で観ていただきたいな、と思います。脚本も監督も韓国の方なので、日本人の感覚とズレてる部分があると感じていて。

例えば僕のセリフで「愛してる」っていう言葉があるんですけど、日本人って「好きだよ」は使っても、「愛してる」は普段言わないじゃないですか。ただ字幕にすると「I Love you」になるので、英語を喋れる人からすると、全然不自然じゃないんですよね、だってそれは普段から言うから。

──確かに日本人だと使わない表現ですね。実際にプチョン映画祭で上映されたとき、古川さんも観客と一緒にご覧になったと伺いました。反応はいかがでしたか?

古川:全然日本とは違いましたね。そもそも日本と韓国とではユーモアが違うので、笑うポイントが全く違うんですよ。あと文化の違いもあるので、捉え方も違いますし。この作品にはたくさんメッセージが詰め込まれていて、観ていただく方によって違った色でみえる作品だと思うので、ぜひ劇場で観てください。

──本日はありがとうございました!

インタビューを終えて

お会いするまではクールであまり多くは語らないイメージだったんですが、実際はこちら側の質問に対して、あらゆる角度から丁寧に答えてくださり、ご自身の話題になった途端、はにかんだ笑顔も見ることができました。

本作を皮切りに、2018年も出演作品がたくさん控えている古川さんから目が離せません! 映画『風の色』は2018年1月26日(金)公開です。

『風の色』あらすじ

突然目の前から消えた恋人・ゆり(藤井武美)の死から100日、彼女との思い出の品々を胸に、失意のどん底からマジシャンになることを決意した青年・涼(古川雄輝)。その後、“自分の生き写しの人間”の存在に気付き始めた彼は、生前「私たちはまた会える」、「流氷が見たい」と言っていた彼女の言葉に導かれるように、北海道へ向かう。

そして、旅の途中で出会った、亜矢と名乗る、ゆりと瓜二つの女性(藤井/二役)。彼女もまた、2年前の事故により行方不明になっていた、涼と瓜二つの天才マジシャン・隆(古川/二役)との再会を待ち望んでいた—。

映画「風の色」
監督・脚本:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、竹中直人ほか。
1月26日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国公開
配給:エレファントハウス/アジアピクチャーズエンタテインメント/カルチャヴィル
(C)「風の色」製作委員会

(スタイリスト:五十嵐堂寿、ヘアメイク:赤塚修二、撮影:生熊友博、文:ナオ)

関連記事

福士蒼汰『曇天に笑う』、福士蒼汰、古川雄輝…渾身のアクション場面を公開!
【2018年上半期】イケメン出演の注目映画まとめ
2018年、松竹配給作品ラインナップ一挙紹介!
「東京タラレバ娘」にハマる“タラレバ女子”たちへ贈りたい2つの映画
初映像、2種解禁!福士蒼汰主演、映画『曇天に笑う』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com