トム・ヒドルストン初来日!『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパンプレミアレポート!!

『キングコング:髑髏島の巨神』のジャパンプレミアが15日、都内で行われ、主演のトム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、、サミュエル・L・ジャクソンや吹替を務めたGACKTらが登壇した。

初来日となったトム・ヒドルストンは「私は初来日で、東京も初めて。暖かい歓迎ありがとうございます」といいさらに「アリガトウゴイマス」と日本語であいさつした。「皆さん優しくて暖かく、日本食が美味しい、お寿司と刺身を食べました。今日はゴジラの下に立てて光栄です」と寿司などを堪能した様子。

ブリー・ラーソンは「コンバンワ、トウキョウ」と日本語であいさつ。「皆さんこんばんわ、東京は大好きな都市。皆さんに映画を見てもらえて嬉しい、アリガトウ」と東京の愛を語った。

サミュエル・L・ジャクソンは「オハヨ~コンバンワ」と日本語であいさつ。「今日はきていただいてありがとう。この地に居られることが最高。美女もハンサムな男も、もちろん私も出てるので楽しんで」とおちゃらけ、会場を笑わせた。

トム・ヒドルストンの吹替を担当したGACKTは「寒くて鼻が詰まっています。吹き替えをやるにあたり映画を見た。皆が想像するキングコングとは違い、早い展開でびっくりする仕掛けというか、スピード感と人間ドラマが面白くて、ジュラシックパークの20倍は面白いかなと」と映画の感想を述べた。

ブリー・ラーソンの吹き替えを務めた佐々木希は「初めての吹替をやらせていただいて、難しかった。映画は最後までスピード感と手に汗握る緊張感が楽しく見させてもらった。この映画のファンになった」とキングコングに魅了された様子。

GACKTはトムと楽屋で話したか聞かれると「近くで見るといい男だなと。こんないい男は間近で見ることないな。サミュエルは気さくでフレンドリーすごくいい雰囲気の楽屋だった」と楽屋の感想を語った。

さらにGACKTは流暢な英語でトムに「明日帰るらしいけど、行きたいところある?」と質問すると、トムは「何かオススメある?」とオススメを聞き、GACKTは「ゴールデン街とかいいかも」と話すと、ブリーが「私も聞いたことある」と間に入った。

佐々木はブリーについて「キングコングの中では意志の強い女性でかっこいい。同性から見てもかっこよくて憧れている。今日は優しく接してくださってファンになった」と話し、「同作の中で走り回ってることが多かったと思うけど大変なシーンは?」と質問。

ブリーは「毎日走り山に登ったりした。1日10時間以上続け、スタミナを維持して乗り越えることが大変だった。愛情を込めて作った映画なので、結末までしっかり見てもらいたい」とハードワークな現場だったことを話した。

サミュエルのお気に入りシーンは「キングコングと2回目に会うシーンで、キングコングと自分の目が合う。お互いに見つめ合ったとき、どっちかがやられるな、と思わせる面白いシーンになっている」と話した。

最後にトムは「皆さん本当にありがとう。この映画を日本に持ってこられて嬉しい。楽しんで!」とメッセージを送った。

同作は、太平洋のどこかにある髑髏島へ調査へ行った人間たちが守り神であるキングコングや道の生物たちと遭遇し、生存をかけて戦いを繰り広げる。アクション映画。

『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日から全国公開。

(取材・文:波江智)

関連記事

丸の内ピカデリーで爆音映画祭!キングコングが降臨
GACKT、佐々木希、真壁刀義が『キングコング』吹き替えキャストに!
映画『キングコング:髑髏島の巨神』予告編解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com