『おとなの恋は、まわり道』、獣になれない二人が文字通り“獣になる”瞬間は必見!

アラサー以上の世代には懐かしい二人の人気俳優、キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダー共演による、ちょっと変わった大人のラブストーリー『おとなの恋は、まわり道』が、12月7日から公開された。

実生活でも色々と“まわり道”を経験した仲良し同士の二人だけに、そうした経験が映画の中にどう反映されているのか? 今回はかなりの期待と共に鑑賞に臨んだ本作。果たしてその内容と、二人の恋の行方はどうだったのか?

ストーリー

縁を切った家族の結婚式に向かうフランク(キアヌ・リーブス)と、結婚直前に自分を捨てた元婚約者の結婚式に出席するリンジー(ウィノナ・ライダー)は空港で出会い口論になるが、やがて同じ結婚式に出席することがわかる。現地でもホテルや式場で隣同士だった二人は、うんざりしながらも接しているうちに、互いの共通点に気付く。

予告編

恋愛に臆病な二人を描く、独特の手法が面白い!

おそらく過去に恋愛経験がほとんど無く、しかも煩わしい人間関係が嫌いなフランクと、過去の大失恋で受けたダメージを、未だに引きずっているリンジー。

共通の知人の結婚式に出席するために訪れた空港で、偶然出会った二人。だが、この運命的な出会いは結果的に最悪の出会いとなってしまうことに…。

本作が他のラブストーリー映画と比べて非常に変わっているのは、何と主人公の二人以外セリフが一切無い点だ。

例えば、重要なキャラクターであるはずのリンジーの元カレと結婚式で出会っても、その会話の内容が一切観客には明らかにされないほど、この設定は徹底されている。

このユニークな設定の中で終始物語が進むため、当然主役二人の会話が延々続くことになるのだが、出会いの段階ですでにボタンをかけ違ってしまった二人だけに、ちょっとしたことで衝突し、イヤミや毒舌の応酬が展開してしまう…。

こう書いてしまうと、「いや、他人の口げんかを延々見せられるのはちょっと…」そう思われる方が多いかもしれない。

ところが、この衝突ばかりで頭の固い二人が、この大きな隔たりを越えてどうやって恋に落ちるのか? そこを考えながら観ると、むしろ先の展開に期待しながら楽しめるので、ご心配なく!

後述する様に、観客の予想を越える意外な展開からの、ついに二人が文字通り“獣になる”姿で大いに笑わせながら、決してラブストーリーの本道は外していない本作。

先の展開が読めない異色のラブコメ映画として、是非大事な人と一緒に観て頂きたい作品です!

ある予想外の事態に、ついに二人が“獣になる”!

理屈と思いこみが邪魔して中々恋愛に飛び込めなかった二人が、ある予想外の状況に直面して、その結果ついに“獣になる”!

その予想外の状況とその後のトンでもない展開は、是非劇場でご確認頂きたいのだが、このシーンは恐らくここ数年の映画の中でも、屈指の「ロマンチックとは無縁な濡れ場」として観客の記憶に残るはず!

確かに人によっては評価の分かれるこの部分だが、それまで押さえつけていた二人の恋愛感情が、突然の極限状態から開放されたことで一気に燃え上がったと考えれば、このトンでも展開も納得出来るのではないだろうか。

こうして、ついにお互いへの恋愛感情に気が付いた二人。果たして、そこから二人がどうやって関係を発展させるのか? それとも破局を迎えてしまうのか?

実はここからが、また波乱を呼ぶ展開となるのだが、この二人の気になる恋愛の行方は、是非劇場で!

最後に

恋愛に対する素直な感情を、お互い無理やりに理論で押さえ込もうとする二人の態度は、表面上は単に“こじらせている”だけに見えるかもしれない。

だが、実は二人とも自分が傷つくのが怖いだけ、ということが分かってくると、二人のこうした態度の奥に隠された本当の気持ちが見えてくることになる。

思えば、最悪の結果に終わった空港での初対面から、実はお互いが気になっていたこの二人。

ところが、絶対的に普段のコミュニケーションや、恋愛の成功体験が足りないため、行動する前の段階で過去のトラウマが邪魔して、勝手に悪い結果を予想して相手を敵視してしまう始末。

しかし、表面上は同じように頑固で偏見に満ちた臆病者に見えるこの二人の内面が、実は大幅に違っていることが観客にも徐々に分かってくる。

男女関係だけでなく、人間関係そのものを拒絶している様なフランクに対して、リンジーには元カレを見返すという目的があるせいか、まだ心のどこかに素敵な出会いを求める気持ちや、かすかな希望が残っているのだ。

自分と同じ様に毒舌家で、人間嫌いのリンジーに共通点を見つけたフランクが、果たして今までの偏見や思いこみを越えて、新たな人間関係を築くための第一歩を踏み出せるのか?

実はここでフランクにその一歩を踏み出させるのが、前述した通りの“二人が獣になる”予想外のシチュエーションなのだ!

ただ、こうした突飛な展開や笑いの中にも、心に想う異性の大切さに人がふと気が付く瞬間など、実は恋に揺れ動く男女の繊細な心の機微が、ちゃんと描かれている本作。

特に、結婚式を終えて自分の部屋に帰って来たフランクが、ある思い出の品をきっかけに一人でいることの寂しさと空しさを悟り、ついにリンジーに対して自分の気持ちに素直に行動する展開は見事!

観た人それぞれの恋愛観によって様々な受け取り方が出来る、正に“おとなの恋”を描いた作品なので、全力でオススメします!

(文:滝口アキラ)

関連記事

『おとなの恋は、まわり道』キャスト&スタッフのコメント独占解禁!撮影の舞台裏に迫る


    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com