役所広司・松坂桃李「一緒に飲みに行きたい」最強バディ誕生!『孤狼の血』制作発表会見レポート

2017年4月3日(月)、映画『孤狼の血』制作発表会見が都内で開かれ、キャストの役所広司さん、松坂桃李さん、真木よう子さん、石橋蓮司さん、江口洋介さん、白石和彌監督、原作者の柚月裕子さんが出席しました。

柚月裕子さん原作の同名小説を映像化する映画『孤狼の血』。広島を舞台に、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾(役所広司)と若き刑事・日岡(松坂桃李)が金融会社社員失踪事件の行方を追うハードなミステリーです。

映画『仁義なき戦い』が大好きで、「いつかこんな熱い物語を小説で描きたい」という思いから、『狐狼の血』を書いたという原作者の柚月裕子さん。

本作の映像化の話があったとき、「小説には、活字でなければ成り立たないミステリーの部分がある。それを映像化できるのか」と不安もあったそうですが、この日揃ったキャスト陣を前に、「圧巻の一言です」と絶賛。

「想像していた以上のオーラと迫力。あらかじめ脚本は拝読していますが、どんなに映画になるんだろうと想像もつきません。それくらいすごい映画になると確信している」と期待を寄せました。

本作について、「いよいよ、一番やりたいことをやれる作品にめぐりあえた」と語った白石和彌監督。

本作のクランクンインを迎えるにあたって「一つ一つの表現をコンプライアンスや自主規制しないで、やれることはすべて逃げずにやると誓っている」という決意を。

また、キャスト陣についても「物語を紡いでいくにあたり、考える最高のキャストに集まっていただいたので、あとは一刻も早く広島の呉に乗り込んで大暴れしたい」と自信と意欲満々。

本作の主人公であり、捜査のためならば悪魔にでも魂を売り渡す刑事・大上を演じる役所広司さん。

「広島の呉弁に悪戦苦闘している」と話し、また、作品の魅力について「警察もヤクザもそれぞれ真剣に生きているんですが、そこに人間くさいユーモアもある。大上という男は法律など関係なく捜査していくんですが、彼なりの正義がどのように伝わっていくのかが楽しみです」と語りました。

役所さん演じる大上の部下となる、日岡役の松坂桃李さんは「こんなに胸が熱くなるような作品で、白石さんとご一緒できるのがうれしい。必死に役所さんに食らいついていこうと思います」と決意を表明。

 所轄署の上司と部下として、本格的なバディを演じる役所さんと松坂さん。お互いについて、役所さんは「某CMで松坂さんが所属するプロダクションの社長をやっていて、社長としては非常に頼りになるタレントですが(笑)、普段は本当に好青年」と、冗談を交えつつ称賛。

一方の松坂さんは「ずっと、いつかがっつりと作品でご一緒したいと思っていた。『日本のいちばん長い日』でもご一緒できたんですが、本作の中でバディとして生きられるのは本当に幸せなことで、楽しみでしょうがない」と語りました。

なお、クランクインにあたって楽しみなことは?と聞かれ、「監督が撮影の余白を作ってくれたら、一緒に飲みに行きたい」と松坂さんを誘う役所さん。「行きたいですね〜」と松坂さんが返すと、白石監督が「まかせてください。作ります!」と約束する場面もありました。

 真木よう子さんは「この作品は読んでいてもかっこいい。私が俳優さんだったら、ぜひヤクザのほうをやりたいと思っていたんですが、私の演じる役も負けじと気合の入った女の人なので、かっこいい女を演じたい」とコメント。

ドラマ『砦なき者』以来、久々の共演となる役所さんについて、「尊敬している役者さんの一人。今回の台本を開いて大上の役柄を見て『すごく、かっこよくなるだろうな』と、ものすごく楽しみにしています」と期待のコメントも。

尾谷組の若頭を演じる江口洋介さんは「組長は監獄に入っていますので、50名をやりくりしておさめながらやっている役。どういう作品になるか楽しみ。刺激的なものになるんじゃないかと思っています」と語り、役作りについて「なかなか現場を見に行ったり人に会って話すのが難しい役柄なので、なんとなく街を歩きながらそういう人を見つけて、見たりはしています(笑)」という話も。

「台本をいただいたとき、自分の役名が読めませんでした(笑)」と語ったのは五十子組の組長・五十子を演じる石橋蓮司さん。

こちらも役作りは?という質問がありましたが、「警察の方のお心を忖度しまして、争いごとのない安心・安全な街を作るよう協力していきたいと思います」と、今まさに旬の流行語を交えて、集まった報道陣を大笑いさせました。

なお、石橋さんが演じる五十子については、「日本で蓮司さんしか似合わない」という決めゼリフがあると、役所さんが明かしていました。

会見の終盤で、4月最初の月曜であるこの当日に入学式や入社式など門出を迎えた若者たちへのエールを求められた役所さんと松坂さん。

「熱い気持ちをもって目の前にあることに向き合ってほしい」(松坂さん)

「映画から発する人間のエネルギーを感じてほしい。この映画はアウトローばかりですが、そういう人間たちの正義について映画を見て感じて、学生さんは正義というものを自分なりに考えながら勉強してほしい」(役所さん)

と、それぞれが言葉を贈りました。

この日出席したキャストに加え、滝藤賢一さん、田口トモロヲさんらも出演する、映画『孤狼の血』。今年の4月中旬にクランクインし、公開は2018年春の予定です。

(取材・文:田下愛)

関連記事

福山雅治vs役所広司で初共演!是枝裕和監督、最新作は法定心理サスペンス
岡田准一の三成vs役所広司の家康!『関ヶ原』特報解禁
蒼井優&阿部サダヲ、白石和彌監督と初タッグで“究極の愛”に挑む
白石和彌監督が挑むロマンポルノ『牝猫たち』に音尾琢真、郭智博、とろサーモンら
実在事件がベースの映画オススメ3選と『日本で一番悪い奴ら』の魅力

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事