大人の悪ふざけ映画!『TOO YOUNG TO DIE!』3つの魅力

制作発表時から楽しみにしていた映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』が、ついに6月25日(土)公開となります!

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ 地獄図

(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

試写会ですでに拝見した筆者ですが、公開への期待が高まると同時に、ある映画を見返したくなりました。

そこで、『TOO YOUNG TO DIE! 』の魅力をふまえつつ、宮藤官九郎監督が約10年前に長瀬智也さんとタッグを組んだ映画『真夜中の弥次さん喜多さん』を紹介したいと思います。

まずは映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』のあらすじを紹介

修学旅行中のバス事故によって地獄に落ちてしまった大助(神木隆之介)は、同級生のひろ美ちゃん(森川葵)と再会しファーストキスをしたいという一心で、地獄での試練に耐えながら現世への輪廻転生を試みます。転生の裁きを下すえんま校長(古田新太)に認められるべく、地獄の赤鬼・キラーK(長瀬智也)率いるロックバンド地獄図<ヘルズ>に加入してギターを鬼特訓するのですが…。

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ キス ネタバレ

(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

大助が地獄と現世を行き来するうちに、キラーK(長瀬智也)の過去も明らかになり、コメディ要素とシリアスさの入り乱れた展開になっていきます。

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の3つの魅力!は次のページで!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事