レオ様、ジャパンプレミアで名前入りの升を受け取り鏡開き、ファン1000人とも交流

『レヴェナント:蘇りし者』のジャパンプレミアが23日、都内で行われレオナルド・ディカプリオが登壇し、オスカー受賞を記念して鏡開きや受賞についての感想などを語った。

写真1

同作は、1823年ハンターとして未開の地に足を踏み込むがハイイログマに襲われ瀕死の重傷を負い、仲間から置き去りにされ、彼を助けようとした最愛の息子までも殺された主人公が復讐のため仲間たちを追うのサバイバルドラマ。同作でレオは念願のアカデミー主演男優賞を受賞した。

レオは会場からの熱い声援に応え「みなさんこんばんわ。また戻ってこれて嬉しい。この映画でものすごい経験をした。そいてこの映画を携えて日本にこれたことがとても嬉しい。ほんとにありがとう」とあいさつ。また来場者からアカデミー賞のお祝いの言葉が飛ぶと「ありがとう」と日本語でも応えた。

オスカー受賞について「私も監督も全員喜んだ。この作品というのは今までとまったく違う画期的な作品。CGはほとんど使っていない。見た人は画期的なものと体感できる。監督はほんとに素晴らしい作品を作ってくれた」とアレハンドロ監督に賞賛を送った。

また日本のファンに向けては「ほんとにみなさん私の作品を支援してくれてありがとう。もう20年以上になるけど、日本のみなさんはずっと応援してくれている。特別な作品を携えてきたのでぜひ見て欲しい」とメッセージを送った。

あいさつ後、オスカー受賞を記念して「コングラッチレーション、レオ」の掛け声で鏡開きを行った。木槌を持ったレオは嬉しそう。しかし樽を割る際はあまり力を入れておらず、軽く叩く程度で済ませた。レオは「本気で叩くと中のものが飛び出してきそうで怖い」と語る。また名前と映画のタイトルの入った升を受け取りとても上機嫌だった。

写真2

その後会場に集まった約1000人のファンにサインや写真を撮るなどしファンたちと交流した。会場からはレオ!という声援が飛び回っていた。レオは気さくにサインや写真に一人一人丁寧に応じていった。

『レヴェナント:蘇りし者』は4月22日から全国公開。

(取材・文:波江智)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com