モデル、そして女優。ヌードにも挑んだその素顔|遠藤新菜 独占インタビュー

無伴奏 遠藤新菜 インタビュー

2016年3月26日より公開の映画『無伴奏』で、斎藤工演じる祐之介の恋人役で大胆な濡れ場にも挑戦した、エマ役・遠藤新菜に、シネマズが単独インタビューを実施した。

映画『無伴奏』エマ役・遠藤新菜 シネマズ独占インタビュー

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮 斎藤工
映画『無伴奏』より (C)2015 「無伴奏」製作委員会

映画『無伴奏』は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した作品。学生運動が盛んだった時代に多感な青春時代を過ごす1人の女子高校生を中心に、男女の悲喜こもごもな恋愛模様と時代の潮流を映し出す青春物語。主人公の響子を成海璃子が演じ、響子が想いを傾ける渉役を池松壮亮、渉の親友・祐之介を斎藤工、さらに祐之介の恋人・エマを遠藤新菜と、注目の若手が集結し当時の若者達の恋愛模様を描く。

本作で、ヌードや官能的なシーンなど、大胆な演技にも挑んだ遠藤新菜。non-no専属モデルなど、マルチに活躍する彼女の、女優としての素顔に迫った。

ヌードシーンは、完成後に観て恥ずかしさを覚えた

無伴奏 遠藤新菜 インタビュー

――今回遠藤さんが演じられたエマが最初登場した時「この子意地悪いタイプだな」と思ったんです。ところが、物語が進んでいくとその印象が「この子、本当はピュアな子なんだな…」って変わっていったんです。あれはそういう風に考えて演じられたんですか?

実際に撮影に入る前に、矢崎監督には「エマってどういう子なんですか?」みたいな質問はよくしてて、どう演じたらいいのかを探しはしました。けれど、途中から、難しいこと考えるよりも、とにかく「自分=エマ」になればいいんだと思うようになったんです。空き時間とかに、他の人と話すときも、みんなが「エマ」と呼んでくれて、そういうのもあって無意識にエマになれたんだと思います。

――今までの遠藤さんのイメージとはまるで別人のようだなって思ったんです。

自分でもそうだと思います。エマになっている時は、何の恥ずかしさもなかったです。それこそヌードのシーンもあるし、普段の自分だったら言えないようなこともエマだったから言えた。撮影が終わって、普段の自分に戻ったあと、試写を観て、エマが脱いでるシーンでは「ちょっと恥ずかしい……」と思ったぐらいですからね(笑)

——かなり大胆に脱いでいらっしゃいますもんね。

エマって素直だし、ストレートな子。だけど、笑っている姿を“単にハッピーな子”って感じには見せたくなかったんです。何かしらの“影”をもっている子でいたいなって。本編ではあまり彼女のバックボーンって語られないんですけど、それでも「何かある子だな」と感じてもらえるように演技したと思います。

あまり時代を意識せずに、あえて異端児になった

――今回の作品は、矢崎監督ならではというか、かなりタバコを吸うシーンが多いですよね。そこで火をつける時にマッチを使ってましたけど、あまり使われたことないのでは

そうなんです。だから、結構練習しましたね。みんなも、どういう風につけようかって練習してたくらいです(笑)何回か火がつかずにカットになったとかもありましたね。「シャッシャッシャッ……ごめんなさい!」みたいな(笑)

――つけたことないとなおさらそうですよね(笑)マッチもそうですけど、作品全体を通して、1970年前後のあの時代を見事に再現していましたね。経験したことがない時代を演じる上で気をつけたことなどありますか?

私が思うこの時代の女性って、今よりも話し方と立ちふるまいが上品なイメージがあったんです。乱れた言葉も使わないし「そうなの」という言葉ひとつをとっても、すごく綺麗な言葉だなって。でも、エマって多分今生きててもこの頃生きてても変わらない人物だと思ったんですね。話し方さえも、ちょっと個性的なキャラクター。なので、逆にその時代の女の子っぽさとか言うよりは、ちょっと異端児みたいに捉えてやってました。

無伴奏 成海璃子 遠藤新菜
映画『無伴奏』より (C)2015 「無伴奏」製作委員会

――当時のファッションはこうしてみると、今は逆にモダンでおしゃれだなって感じでしたね。

それこそ再度流行ってるような格好だったりして、見てて目においしいというか、楽しいですよね。

――作品中で、成海さんや遠藤さんの衣装がかなり用意されてて、それが変わるたびに「あ、これも可愛い」と思ってとても楽しかったですね。

嬉しいです。すごくお洒落なんですよね。全員、自分の個性のあるファッションを自由にしてて、素敵ですよね。

――ファッションの話に関連していうと、今回の作品のために、髪をかなり短く切られたんですよね。切ることに躊躇しませんでしたか?

なんか意外と抵抗は無かったんです。台本読んでて、エマの役を掴むのにちょっと時間がかかってて、あと一歩なにかきっかけがないとエマが入っていかないと思ったタイミングでスパっと切ったんです。そうしたら、解決したっていうか、みんなにも「エマっぽくなった」と言われて。髪を切ったことで、役に一気に近づけたので良かったと思います。

――いわゆる「セシルカット」という髪型ですよね。すごく似合っていらして、日本人でもないし、かといって欧米人でもない、不思議な美しさが漂っていましたね。

ありがとうございます。ただ……撮影が終わって、現実世界に戻った時にちょっとつらかったんですよね「けっこう短いな……」って(笑)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事