この春一番の純愛ドラマ!?『おっさんずラブ』第1話を5分で振り返る

2018年4月21日(土)より、テレビ朝日で放送がスタートした『おっさんずラブ』。田中圭さん演じる春田創一が、上司の黒沢部長をはじめ、なぜか男性にばかりモテてしまう…という異色のラブストーリーです。

2016年の年末にスペシャルドラマとして放送された作品ですが、この春、連続ドラマとして帰ってきました。連続ドラマということで全体の尺が長いので、スペシャルドラマよりも話が広がり、今後のストーリーも気になるところ。

そこで、「シネマズ女子部」では登場人物の紹介を交えながら、1話を振り返りたいと思います。

春田創一(33歳):田中圭


主人公の春田創一は天空不動産の営業マン。33歳になっても実家暮らしで家事は母親任せ、脱いだ服は脱ぎっぱなしなど、驚くほどのだらしなさです。それに業を煮やした母親は、このままだと息子がダメになる、と家を出て行ってしまいます。

合コンでもお調子者な姿を見せ、彼女が欲しい!という思いとはウラハラに女子ウケは最悪…。

一方で、お客さんへ親身な対応をする姿や後輩のミスを責めずにフォローするなど、人のよさを垣間見せる場面も。ダメ男だけど、心優しい性格というギャップが魅力的に映ります。

“ロリ巨乳”好きを公言している春田ですが、1話では黒沢部長から突然告白され、さらに…。

黒澤武蔵(55歳):吉田鋼太郎


春田の務める東京第二営業所の部長・黒澤武蔵は、仕事一筋で部下からの人望の厚い男。美人の奥さん(大塚寧々)と結婚30年を迎えた一見愛妻家ですが、実はゲイで春田に片思いしていました。

自分のパソコンに入っている「春のキャンペーン資料」の印刷を春田に頼んだ際、彼が間違えて開いた「Spring」のフォルダに春田を隠し撮りした写真が…。隠し撮りがバレたことをきっかけに、春田に猛アピールを仕掛けます。しかも、理由を告げずに奥さんに離婚を切り出したことで、今後ひと悶着が起こりそうな展開に…。

社内では威厳のある姿を見せていますが、春田を“はるたん”と呼ぶなど、春田と2人きりのときの姿や彼へのメールは乙女全開で、思わず黒澤部長を「かわいい」と思ってしまうはず。

牧凌太(25歳):林遣都


牧凌太は天空不動産の本社から東京第二営業所へ移動してきた、入社4年目の若手社員。高学歴エリートイケメンながら、仕事でミスを連発する春田のことも慕っていましたが、実は…。

母親が家を出て困っていた春田の提案を受け、牧は彼の家でルームシェアをすることに。家事をしたり、料理をしたり、甲斐甲斐しく春田の面倒をみていましたが、黒澤部長が春田に告白したことを知り、自分の思いをぶつけてしまいます。

1話の最後では、バスルームで壁ドンからのキス! そして「先輩が巨乳好きなのは知ってます…でも、巨根じゃダメですか?」と殺し文句(?)をキメて、春田のことを困惑させます。

この3人の関係を軸に物語が展開していきますが、この三角関係に深く関わってきそうなイケメンも2人、ご紹介したいと思います。

栗林歌麻呂(23歳):金子大地


春田が教育係を担当することになった、天空不動産の新入社員の栗林歌麻呂。ゆとり世代の悪い部分を象徴するようなモンスター新人です。発言や仕事に対する態度は悪いものの、要領のよさで春田よりも成績はよく、女性にもモテるタイプ。

1話では春田のミスを自分たちがフォローすることに納得がいかないという発言をしますが、黒澤部長にたしなめられ、少しだけ成長の兆しも…?

武川政宗(44歳):眞島秀和


営業所の主任を務める武川政宗は、堅物感のある春田の上司。春田のミスを叱責するなど厳しい姿が目立ちますが、独身貴族で私生活は謎に包まれています。

サイネージ広告のキャッチコピーが意味深なので、これからどのように春田やその周りの人物に関わってくるのか気になるところ…。

『おっさんずラブ』第1話まとめ

まだ始まったばかりで謎も多いですが、1話が終わった段階では黒澤部長と後輩の牧が春田に片思いしていることが明らかになり、春田はそれを受け止めきれていない状態。黒澤部長は離婚にまで思い至ってしまいます。

それぞれの交錯する思いが明らかになりつつ、役どころやポジションがわかりやすくぎゅっと詰め込まれて、スピード感ある展開でした。

おじさん(黒澤部長)が乙女になって、部下に猛アピール!というコメディタッチの作品ですが、ひと昔前のトレンディドラマのような演出もあるなど、コメディの枠に収まりきらない恋愛ドラマです。

“ロリ巨乳”好きの春田が、完全に乙女な黒澤部長と男らしく春田に迫る牧のどちらを選ぶのか、また、どちらも選ばないのか…。そして、幼馴染の荒井ちず(内田理央)との関係も変わっていきそうな予感です。

「テレ朝動画」で予習できます!

これからドラマを見るにあたって、予習はちゃんとしたいと言う方もいらっしゃると思います。

予習は2通りの方法で可能です。

(1)民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

まず、「民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」」で、前週のエピソードを無料で見ることができます。(つまり4月28日放送前なら第1話を見ることが可能)

(2)テレ朝動画

「TVer(ティーバー)」では前週分しか見ることができませんが、動画配信サービスの「テレ朝動画」の有料会員は放送が済んでいる全話を鑑賞することができます。

つまり、4月28日放送前なら第1話が、第2話以降にも放送終了した回を見ることができます。

この春、注目間違いなしの恋愛ドラマ『おっさんずラブ』をぜひチェックしてみてください。

(文:大谷和美)

【「シネマズ女子部」バックナンバー】
第51回・今年の「コナン」も見逃せない!「ゼロの執行人」の魅力を語る
第50回・ラブシーン満載の『娼年』で松坂桃李が演じたリョウについて考える
第49回・4月クールドラマを予習!注目イケメンも要チェック

以前の記事はこちらから

関連記事

2018年4月から放送の主要ドラマ一覧!!
4月クールドラマを予習!注目イケメンも要チェック
「コンフィデンスマンJP」第1話に感じた“魅力”と“懸念”
ドラマ「恋ヘタ」のキスシーンも話題!田中圭の6つの魅力、あなたはいくつ知っている?
『チェリーボーイズ』公開記念!林遣都・柳俊太郎・前野朋哉 禁断の男子会トークに潜入


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com