ディレクターズカットと劇場公開版 どちらがお好き?

■「キネマニア共和国」

10月10日より、押井守監督の『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』が公開されました。
これは今年のGWに公開された同名作品に、およそ27分のシーンを新たに追加したものでなのですが……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.41》

ではディレクターズカットって、何?
THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット

映画の編集権を握っているのは誰?

ディレクターズカットを簡単に説明しますと、その映画の監督自身が望む形での編集なり完成度が保たれた作品のことですが、実際は描かれている内容に対して社会的影響を配慮したり、また上映時間の長さなど様々な理由から、プロデューサーなどのメスが入って短く切られてしまうことがあります。

特にハリウッド映画の場合、最終的な編集権を握っているのはプロデューサーなので、彼らの独断によって監督としては不本意なものが出来上がってしまうこともしょっちゅうなのです。

たとえば超大作『クレオパトラ』(63)の場合、ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督はおよそ5時間20分のディレクターズカットを作りましたが、実際にプレミア上映としてお披露目されたのは4時間05分バージョンで、その後の一般公開では3時間14分まで削られてしまいました。
(現在のBDやDVDではプレミア上映4時間版が流布されています。ディレクターズカットは所在不明)
51t-wjYWGbL
映画にはディレクターズカットを含むさまざまなバージョンが存在する。

そのことが一般的に認知されていくのは、80年代に入ってビデオの時代が台頭してからで、新作映画がビデオ化される際、劇場公開されたものよりも尺が長くなってリリースされる作品が登場し始めていくのです。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事