親子で大興奮のSFコメディ!『ピクセル』で笑って暑さを吹き飛ばそう!

PIXELS
ソニー・ピクチャーズさんで開催された「親子試写会」で、9月12日(土)より全国でロードショーされる『ピクセル』を見てきました。

80年代のゲームキャラが地球をピコピコ侵略する、というあまりにも奇想天外なストーリーなんだけど、親子でとても楽しめましたよ!チビたち大興奮&大爆笑!

80年代に青春をすごしたアラフォーニヤニヤ

まず、筆者のような80年代に青春をすごしたアラフォー世代は、いたるシーンでニヤニヤします。

パックマンドンキーコングギャラガといった、かつて汗だくでコントローラーを握った往年の名ゲームのキャラたちが、最高峰のVFXでリアルに登場してくるんですから。

ぶっちゃけ実写映画で、エイリアンや怪獣ならいざ知らず、ゲームキャラが侵略してくるなんて、いくらなんでもリアリティに欠けていて大人は感情移入できないんじゃないの?なんて思っていたんです。

けれどしっかりその設定を裏づけるストーリーが用意されていて、いつの間にか大人もしっかり引きこまれていました。

ゲームキャラ以外にも、マドンナなどの80年代のスターや、知る人ぞ知る映画『マックス・ヘッドルーム』なんかも出てきて、大人は静かにニヤニヤすること間違いなしです。

子どもたちがびっくりするほどの大喜び!

pixel2

親子試写会ということで、会場にはたくさんのちびっ子たちがいたんだけど、大人たちがニヤニヤしているそばで、子どもたちは大爆笑の連続!

アダム・サンドラーのクールでドライなトークは大人たちを笑わせるけど、他のおマヌケなキャラたちが、ちびっ子を大興奮に導きます。

今年は子どもたちとたくさんの映画を見たんだけど、『ピクセル』が一番楽しかったと言っていました。


    ライタープロフィール

    茅ヶ崎の竜さん

    茅ヶ崎の竜さん

    「30代からの人生をもっと楽しむ!」ための情報を発信するフリーランスブロガー。中高時代は映画監督を目指すも、アメリカ留学直前に心変わりして挫折。「映画は失敗やしくじりもプラスに変えてくれる魔法の芸術」という言葉を胸に、あらゆるジャンルの映画を見ますが、「どんでん返し系」「家族モノ」「奮起して人生やり直す系」が特に大好物。アラフォーになってからは邦画に涙することも増えました。永遠の映画中年!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com