10年後の自分は、今の自分に何を思う…?映画『ReLIFE リライフ』平祐奈インタビュー


2017年4月15日(土)公開の映画『ReLIFE リライフ』は、職なし、彼女なしの海崎新太(中川大志)が、ニートを対象とした社会復帰プログラム「リライフ」へ参加することから始まる物語。

漫画アプリ「comico」で、連載開始からランキング1位を独走する人気漫画の実写化作品です。
ReLIFE リライフ 場面写真

(C)2017「ReLIFE」製作委員会 (C)夜宵草/comico

見た目だけ10歳若返った海崎は、青葉学園の3年生として、1年間限定で2度目の高校生活を送ることに。最初はやけっぱちだった彼も、友人たちと関わっていく中、大切なことに気づきながら、思い出を重ねていきます。

いつしか、クラスメイトの日代千鶴(平祐奈)が特別な存在になっていたものの、卒業というタイムリミットは迫っていて…。

今作では、秀才ながらも根暗な性格で、クラスメイトに馴染めない日代千鶴を演じた平祐奈さん。役作りへかけた情熱や、現場でのエピソード、平さんの近況について教えてもらいました。

「ニタリ顔」まで!原作に忠実な役作り


ー 最初に台本を読んだ時の感想を教えてください。

中身は27歳のままで若返った主人公が、イマドキの17歳の中に混じって高校生活を送るという、今までにない青春ストーリーで、その世界観に入れることにワクワクしました。

それに、日代さんはコミュニケーション音痴で不器用な子。自分とは真逆なキャラクターを演じられるのが楽しみでした。

だけど、原作ファンも多い作品だと思うので、正反対なタイプの自分で大丈夫かな、という不安も大きかったです。

ー そんな日代千鶴に近づくために、どうやって役作りをしたんですか?

漫画を何度も読み直して、アニメも全部見て、とにかく日代さんに近づくために研究しました。「日代ノート」という役作りノートも作ったんです! 漫画をコピーして、日代さんの表情を全部ノートに貼って、セリフと表情をリンクできるようににらめっこして。

日代のプロフィールや、他のキャラクターとの関係性とか、シーンのポイントなど、メモもいろいろと書きました。例えば、カバンの持ち方も原作に忠実にやってみて、映像表現的に不自然だったら、監督と相談して変えたりしました。

ー 特に苦労したところというのは?

1か月の撮影期間中、ずっと気が張りっぱなしで全部大変だったんですけど、日代さんは抑揚のない子なので、一定のトーンで喋らないといけなかったことと、ニタリ顔が難しかったです。

何か企んでいるような気持ち悪い表情なんですが、本人は笑顔だと思っている顔で。劇中でもポイントになってくるところなので、ニタリ顔ページを作って練習しました。いざカメラテストでやったら、監督が「いいねぇ!」と言ってくれたので安心しました(笑)。

ー 原作に忠実にということを一番意識されたんですね。監督とのやりとりで印象に残っていることはありますか?

卒業式の日に教室で泣くシーンがあるんですけど、本番前にいい涙が出ちゃって。本番1回目でできなくて、監督に「ちょっと助けてください」ってアドバイスをお願いしたんです。

そしたら、監督が「ここ何日かで日代さんはすごい成長してるし、本当に日代大好きだからね!」って言ってくれて。その言葉に感極まって、2回目はちゃんと演じることができました!

ー では、特に注目してもらいたいな、と思うシーンを教えてください。

高台で夜明さん(千葉雄大)と話しているところですね。他人に無関心だった日代さんが、初めて人に興味を持って、気持ちが揺れ動き始めたシーンなので。ストーリー的にも、ひとつの山場になっていると思います。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com