『ブラック・シー』に見る新たな潜水艦映画の魅力

映画ファンの間では長らく「潜水艦映画に外れなし」といったジンクスがありました。残念ながら、最近はこの言葉を裏切る作品もないわけではありませんが(あえて作品名は挙げませんが!?)、それでもおおかたの潜水艦映画は、映画的昂揚をもって見る者を堪能させてくれます。

というわけで
《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街vol.6》

潜水艦映画の最新作『ブラック・シー』をご紹介。

black sea_B2_poster_ol(C)2014 Focus Features LLC.ALL Rights Reserved.

戦争&軍隊映画としての側面を裏切る新手の冒険映画

潜水艦映画といえば、真っ先に思い浮かぶのがアメリカ軍駆逐艦とドイツ軍Uボートのスリリングな戦いをスポーティかつダイナミックに描いた『眼下の敵』(57)や、海中の地獄を冷徹に描いた、そのものずばり『U・ボート』(81)、日本映画にも和平交渉の密使を乗せた潜水艦乗組員たちの忸怩たる想いを描いた『潜水艦イ‐57降伏せず』(59)といった名作がありますが、これらはみな第2次世界大戦を舞台とした戦争映画です。
その他、核ミサイルの使用をめぐる米原子力潜水艦内の確執と反乱をダイナミックに描いた『クリムゾン・タイド』(95)や、また最近作『ファントム/開戦前夜』(13)のように米ソ冷戦時代の秘話を描いたものも多くありますが、総じて潜水艦映画は軍隊映画として機能するものが大半で、軍事メカとしての側面が強い潜水艦ゆえ、当然といえば当然でしょう。

しかし、この『ブラック・シー』は軍隊映画ではなく、黒海の海底に沈んだUボートの中に眠る金塊を探す男たちの姿を描いた冒険映画です。
主人公は元海軍のイギリス人で、サルベージ会社をクビになって途方にくれていたところ、仲間から金塊の話を聞きつけ、スポンサーを探してロシアの旧式ディーゼルオンボロ潜水艦をゲットし、イギリス&ロシア混合の乗組員12名で黒海へ潜っていくのです。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事