史上最高のスーパー戦隊映画だった「ルパパト」とハードルを悠々と超えた劇場版「ビルド」を語る

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

上堀内監督と大森プロデューサーへのインタビュー『仮面ライダージオウ』の制作発表などがあり、書くのが遅くなりましたが、お盆過ぎた今、改めて言わせてください。

やっぱり、夏映画最高!

夏に東映特撮の映画が公開されるのが恒例になって17年。

内容は変われど、絶対に変わらないのが映画の構成。最初にスーパー戦隊作品を30分ほど、そして後半に仮面ライダー作品が60分ほどのだいたい90分。

ライダーは尺をじっくりかけて、テレビでは見られない作品を見せてくれるのに対して、スーパー戦隊はテレビの豪華版というイメージがあります。

面白いのに、見終わって思い返してみると、出てくるのはライダーのシーンばかりで、これは特撮ファン失格だなと思った年もありました。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

ところが今年、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)』は『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』に喰ってかかる勢いの面白さで、「ルパパト」のテレビシリーズのよさを最高の配分で混ぜ合せた内容。

史上最高のスーパー戦隊映画をついに見ることができた、という印象。

ファンが最も見たかったであろう、ルパンレッドとパトレン1号の共闘が今作最大の見どころなんですが、本音を言うと共闘は見たくないんです、僕は。

それをやってしまうと「ルパパト」の根幹が崩れてしまうし、安易にそしてチープに共闘しようものなら、僕はもう「ルパパト」を見られなかったかもしれません。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

しかしスタッフさんもそこを絶対にわかっているからこそ、安くならない共闘の仕方を探し、その結果、最高の共闘になったんではないかと思います。

個人的に必須条件だった、「仕方がないから共闘」というのが丁寧に描かれていました。

仕方がないという要素は、まだ本編中盤の「ルパパト」には欠かせないもので、コンパで好きでもない男に持ち帰られる女の子の「終電ないから仕方がない」、「強引に言われたから仕方がない」という、理由があればオッケーっていうアレと一緒です。

…一緒か?

例えが安くてすみません。

信頼はしないけど信用してもいい、とお互いの心の距離が近づいていくところはグッときますし、でもけっして交わりはしないところが「ルパパト」らしくて最高でした。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

30分という尺しかないなか、共闘以外の見どころもてんこ盛り。

もはや杉原輝昭監督の代名詞といっても過言ではない、アクションのぐるぐるカメラワーク、そして個人的には余裕でハリウッド映画を超えてると思う、CGをふんだんに使った躍動感バリバリのロボ戦。

なにより激アツだったのは、「パトレンジャーは融合するのに、なんでルパンレンジャーはレッドが3人になるだけやねん」とヤキモキしてたファンを喜ばせたルパントリコロール。

「ルパパト」の魅力がギュッと詰まった、濃厚な30分をありがとうございました。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

そこからの「Be The One」は、ハードルを悠々と超える期待通りの仕上がり。

テレビシリーズが最高過ぎるので、正直、映画を楽しめるか不安でしたが、全く問題ありませんでした。

3000人のエキストラを使ったシーンは圧巻でしたし、上堀内監督がインタビューの時におっしゃってた、撮りたかったシーンを堪能しつつ、ヒーローがとことん追われる逃走劇は、特撮ではあまり見たことのない画の連続で、全く休憩させてくれません。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

戦兎と万丈もテレビと変わらぬ絆の強さを見せつけて、さらに戦兎と葛城巧の関係を今作でさらに掘り下げ、テレビ本編の冒頭から戦兎が掲げていたラブ&ピースの出所が判明した時にはグッときました。

まさに「Be The One」以上にマッチするタイトルはないと言えるほど「Be The One」だった、劇場版「ビルド」。

これを経て、もうすぐ迎える「ビルド」の最終回。

しかと見届けましょう。

劇中の、かずみんと幻徳の土下座めっちゃ笑ったけど、今見たら泣いちゃいそうだなぁ。

(写真:井嶋輝文、文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第66回:『仮面ライダージオウ』制作発表会をオジンオズボーン・篠宮暁が特撮ファン目線でレポート!
第65回:「僕は武藤さんと大森さんに操られてる(笑)」劇場版『仮面ライダービルド』上堀内佳寿也監督&大森敬仁Pに篠宮暁が直撃!
第64回:「ディケイド」から10年…『仮面ライダージオウ』はすでに名作のフラグが立っている!

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

関連記事

7人が最高のベストマッチ!劇場版「ビルド」「ルパパト」第2弾入場者プレゼント公開
真のベストマッチは誰と誰?『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』犬飼貴丈・赤楚衛二・武田航平鼎談&相性診断
「ディケイド」から10年…『仮面ライダージオウ』はすでに名作のフラグが立っている!
「僕は武藤さんと大森さんに操られてる(笑)」劇場版『仮面ライダービルド』上堀内佳寿也監督&大森敬仁Pに篠宮暁が直撃!
快盗と警察が…“映画ならでは”のシーンに注目!工藤遥×奥山かずさ「ルパパト」ガールズ対談

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com