「僕は武藤さんと大森さんに操られてる(笑)」劇場版『仮面ライダービルド』上堀内佳寿也監督&大森敬仁Pに篠宮暁が直撃!

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

2018年8月4日(土)より公開中の映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』は、現在放送中の特撮番組「仮面ライダービルド」の劇場版。今作は、2017年12月公開の映画『平成ジェネレーションズ FINAL』で劇場作品デビューを飾った上堀内佳寿也監督が、引き続きメガホンを取っています。

そこで、シネマズby松竹で特撮コラムを連載中のオジンオズボーン・篠宮暁が、上堀内監督と「ビルド」のプロデュースを手掛け、前作で監督を抜擢した大森敬仁プロデューサーに直撃! 劇場版に加え、テレビシリーズについての話題、さらにお二人に迫ったお話をファン目線で伺い、最終回目前でよりいっそう盛り上がりをみせる「仮面ライダービルド」の魅力に迫ります。


オジンオズボーン・篠宮暁(以下、篠宮):「平ジェネ」はファンから大好評でしたが、その声は耳に入ってきてたんですか?

上堀内佳寿也監督(以下、上堀内監督):そうですね。僕と同世代の地元の友達は、子供がちょうど見てくれる世代なので、結構連絡はもらいました。「あの映画をきっかけに他の作品も見てみようと思ったよ」と本当に言ってくれていたので、ありがたいなと思いましたね。

篠宮:「平ジェネ」と今作、2作連続で上堀内監督を抜擢した理由は?

大森敬仁プロデューサー(以下、大森P):信頼しているからというのがひとつと、「平ジェネ」で結果を出したので、「数字持ってるんじゃないか?」と(笑)。

篠宮:確かに、「平ジェネ」の成績はすごかったですよね。

上堀内監督:「信頼」って言ったとき、目を見てくれてなかったですけどね(笑)。

篠宮:大森さんからみた上堀内監督の魅力はどういったところですか?

大森:ドラマをきちんと撮ってくれるというか、ひと作品の中のドラマのエッセンスを汲み取ってくれる。こういう風にすればこうしてくれるよな、ここが欲しい、というところにちゃんと緩急をつけてくれるところですね。

篠宮:では、監督から見た大森プロデューサーの魅力は?

上堀内監督:大森さんは、いろんなことをうまいことかわしていきそうな雰囲気をかもしてるんですけど、芯がすごく熱い方。僕は割といつも熱々な感じで、さらに脚本家の武藤将吾さんも熱い方なので、二人でああでもない、こうでもない、ってなるんですね。大森さんはそれを静かに聞いてるだけかと思いきや、すごくいろんなことを考えてくれていて、二人の意見を合わせた案とご自身の意見を、最終的にガチッと言ってくれるんですよ。そこがありがたいです。言ってもらったことはできるだけ全部受けとめたいと思っていますし、こんな若手をこういう風に使ってくれる方もなかなかいないので、本当に信頼してます。

大森P:ありがとうございます。

篠宮:夏映画も上堀内監督で、というのは「平ジェネ」のあとにすぐ決まったんですか?

大森P:全然すぐじゃないです。「平ジェネ」のあとは2回、テレビの方に入ってもらったんで、その間はそっちしか考えず。僕も武藤さんも、もうテレビに必死でそんな余裕はないので。

上堀内監督:(笑)。

大森P:それで、「夏の映画どうします?」という時期になり、いきなり上堀内さんに。ドラマがどうなるかっていうのも、そのときは決まってなかったんです。ひとまず監督を信頼してお願いさせてもらって、そこから一緒にお話を考えていって。

上堀内監督:いっつも、ギリギリですよね、オファーがくるのは(笑)。確かアフレコルームの控え室でお話をいただきました。

大森P:ということは、29〜31話が終わったあとですね。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

篠宮:夏映画のオファーがきたときの気持ちは?

上堀内監督:「マジか」って思いました(笑)。やりたいなとは思ってたんです。「ビルド」は大森さんが最初から僕を入れてくれてて、「平ジェネ」も担当させてもらっていましたし、演出回への思い入れも強かったので。だからこそ単独映画もやってみたいなとは思っていましたけど、さすがに2本連続はないかなと…。

篠宮:まれですよね。

上堀内監督:そうですね。なかなか無いことだと思うので、「やった!」と思って。それに、どんな話になるかわからない状態だったので、ワクワクしましたね。映画でどこまで描いて、どんな話になるんだろう、って。

篠宮:大森さんはどうでした? 上堀内監督に決まってから、周りの反応は。

大森P:あるWEB媒体から監督と脚本をニュースで出したい、ってお話がありましたね。それで発表させてもらうことになって。さすが、上堀内佳寿也(笑)。

上堀内監督:(笑)。Twitterをやらせてもらってるんですけど、自分が監督することは許可をいただかないとアップできなくて。なので、エキストラさんの募集とかをすごく微妙なニュアンスで、「あるよ」って感じでリツイートだけとかしてました。

篠宮:気付いてるファンはいました?

上堀内監督:“やるのか…?”って、リプライがくるときはありましたけど、返信できないので…。でも、ありがたかったですね。それだけ思うところがあるということだろうし。

大森P:うん。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com