『007 スペクター』をより面白く堪能するために……

■「キネマニア共和国」

007 SPECTRE スペクター

イギリスのスパイ、ジェームズ・ボンドが活躍する人気長寿シリーズの最新第24作がいよいよ公開となりますが、今回は作品をより面白く楽しむための要素のいくつかをお伝えしたいと思います……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.71》

『007 スペクター』のための下準備!

ぜひとも復習をお勧めしたい
前作『スカイフォール』

今回、まずやっていただきたいのは、実は簡単です。

前作『007 スカイフォール』を見直しておくこと!

なぜなら、『007スカイフォール』(12)ではジェームズ・ボンドの生い立ちが描かれていたのですが、今回はその続編になっていて、さらなるボンドの過去がドラマのカギになっていくからです。

また『スカイフォール』では、ジェームズ・ボンドが属するMI6の上司M(ジュディ・デンチ)が死んでしまい、代わって新しいMが赴任しますが、その新しいMに扮するのはレイフ・ファインズ。前作ではどことなくボンドのことを嫌っているような雰囲気もなきにしもあらずでしたが、さて今回は?

さらに『スカイフォール』からMの秘書ミス・マネーペニー(ナオミ・ハリス)や秘密兵器研究開発課のQ(ベン・ウィショー)が登場しました。

彼らはもともとシリーズのレギュラー・キャラクターであったのが、ダニエル・クレイグが初めてボンドを演じた『007 カジノ・ロワイアル』(06)で一度シリーズはリセットされ、リメイクではありませんが、新たなジェームズ・ボンドが007として徐々に確立され、成長していく姿を描いていくものになっています。

その意味では今回は『カジノロワイアル』『007 慰めの報酬』(08)、そして『スカイフォール』と、前3作がすべて密接にリンクした内容になっているので、余裕のある方は3作とも復習していただきたいところですが、時間のない方は『スカイフォール』だけでも見ておくとよいでしょう。

007 SPECTRE スペクター

いずれにしましても今回は、Mをはじめマネーペニー、そしてQがボンドの活動にかなりの部分で絡んだり、時に彼の危機を救ったりもします。個人的にはQの見せ場が多いようにも感じましたが、そういうわけで今回はボンドの個人プレイというよりも、MI6のチームプレイとしての映画にもなり得ているのです。

しかし、こういう風にシリーズをリセットして新たなMI6が確立していく中、残されたシリーズ最後の要素とは……。

そう、敵の存在です!

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com