『スター・ウォーズ』サーガのほんのちょっとしたトリビア③

■「キネマニア共和国」

スター・ウォーズ トリビア 豆知識

いよいよ明日公開となった世界的人気シリーズ第7弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、そこに至るまでのシリーズのマコトかウソかの噂も含めたトリビア(というほどでもない小ネタ)のいくつかをご紹介……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.79》

おヒマつぶしにどーぞPART3。
今回は新3部作(エピソード1~3)です!

久々にシリーズ再開
『エピソード1/ファントム・メナス』

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(83)の製作で燃え尽きてしまい、一方で87年に離婚するなど私生活のトラブルに見舞われたジョージ・ルーカスは、『スター・ウォーズ』エピソード4~6の前の時代を描く新3部作の制作に対する情熱を久しく失っていました。

しかし90年代に入り、スピンオフ・コミックや小説などで『スター・ウォーズ』人気が再燃していき、そのあたりから創作意欲を取り戻していったルーカスは、特撮技術の進歩も目の当たりにしたこともプラスに作用して、若き日のジェダイ騎士オビ=ワン・ケノービを主人公に、その仲間だったアナキン・スカイウォーカーが暗黒面に堕ちてダース・ベイダーと化す悲劇を軸に描けば、エピソード1~3の新3部作を魅力的に構築できるという結論に達しました。

かくして『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)を最後に監督業から撤退していたルーカスは、16年ぶりにシリーズを再開するにあたり、22年ぶりに監督業に復帰しました。

やはりそれだけダース・ベイダーに対する思い入れは深かったものと思われます。

なお、後のダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの名前は、ルーカスの友人でもあった『史上最大の作戦』『バルジ大作戦」などイギリス映画界の名匠ケン・アナキン監督から採られています。
(ただし、彼の名は“ANNAKIN”で、本シリーズのスカイウォーカーは“ANAKIN”と、スペルは異なります)

サブ・タイトルの『ファントム・メナス』“PHANTOM MENACE”とは「見えざる脅威」という意味で、具体的には善良な議員パルパティーンを装うシスの暗黒卿ダース・シディアスのことを指しています。

豪華キャストの布陣となった
新3部作

かつて第1作『エピソード4/新たなる希望』を制作したときは、まだスターとは呼べない新人若手俳優を起用していましたが、今回の新シリーズにあたってはオビ=ワン・ケノビ役のユアン・マクレガーや、その師クアイ=ガン・ジン役にリーアム・ニーソン、悲劇の姫アミダラ役のナタリー・ポートマンなど豪華キャストが実現しています。

その中で、大の映画ヲタクでも知られるサミュエル・L・ジャクソンは「ノーギャラでもいいから、俺はヨーダと共演したいんだ!」と、製作サイドに頼みこんでジェダイ評議会の長メイス・ウィンドウ役を手に入れたとのことです。
(実際にノーギャラだったかどうかは不明です⁉)

また、本来ライトセーバーは青、緑、赤の3色しかない設定だったのですが(後のスピンオフ作品では黄色も存在しています)、「俺は違う色がいい!」とサミュエルが強く望んだことから、メイスのライトセイバーの色は紫になったとの噂もあります⁉

アミダラの影武者・侍女サーベを演じたのは、何とキーラ・ナイトレイで、彼女はこの後一気に躍進し、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ(03~07)のヒロイン、エリザベス・スワンの役を手に入れることいなるのです。

『ファントム・メナス』では『エピソード6/ジェダイの帰還』(83)やTVムービー『イウォーク・アドベンチャー』2部作(84・85)でイウォ-ク族ウィケット・W・ウォリングを演じたワーウィック・デイヴィスが、ヨーダの歩くシーンを務めていますが、こういった演技を基にしてヨーダは、これまでのパペットから『エピソード2/クローンの攻撃』(02)以降はフルCGで描かれるようになっていきます。(現在発売中のブルーレイでは『ファントムメナス』のヨーダもすべてCGに置き換えられています)

本作で目を引く悪役ダース・モ-ルですが、演じたレイ・パークはもともとスタントマンで、キャメラテストでダースモールを演じたところをルーカスらに気に入られ、正式にモール役に起用されました。

彼はオビ=ワン・ケノビに斬られるまで一度もまばたきをせずにダース・モールを演じきっています。

ダース・モールの登場は今のところ映画では『ファントムメナス』のみですが、スピンオフTVアニメーション・シリーズ『クローンウォーズ』(シーズン3)にも登場します。
失われた下半身の代わりに6本足のクモに似た疑似生態装置を手に入れた彼は、その後も生き続け、記憶を失いながらもオビ=ワン・ケノビやジェダイに足を奪われた憎しみの念だけは忘れずにいたのです。
また彼を主人公にしたスピンオフ小説『ダース・モール闇の狩人』もあります。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com