『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の疑問点を解説!空白の30年に何が?C-3POの腕はなぜ赤い?

(C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて、本日2017年12月15日(金)に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が放送されます!

3週連続「スター・ウォーズ祭り」として、先々週に『エピソード5/帝国の逆襲』、先週に『エピソード6/ジェダイの帰還』が放送されてきましたが、いよいよ本日ついに公開された最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の前作となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、地上波初放送されます。

『フォースの覚醒』は、全9作に及ぶスカイウォーカー家を描いたサーガの中の「エピソード7」にあたりますが、主要なキャラクターを一新した新たな三部作の第1章であるため、本作を見れば『最後のジェダイ』に追いつくことができます。

もちろん、シリーズ各作(特に『エピソード4』~『6』)を見た方がより楽しめますが、『最後のジェダイ』が公開されている今、興味はあるけどなかなか時間がない方は、まずは『フォースの覚醒』を見ればOK!

ここでは、先週まで「金曜ロードSHOW!」で『エピソード6/ジェダイの帰還』までを見てきた方、『フォースの覚醒』を初めて見る方、また見たことがあるけれどもあの部分が気になる…という方がより楽しめるように、『ジェダイの帰還』から本作までの間に起きたことや物語のバックグラウンドのほか、『フォースの覚醒』のFAQ(よくある質問と答え)をご紹介。

映画を見る前、見た後のサブテキストになればと思います。

継承を描いた『フォースの覚醒』

『フォースの覚醒』をひとことで表すと、「過去から新たな未来へと、受け継がれていくストーリー」といえます。

『エピソード6/ジェダイの帰還』までの三部作の主要キャラクターであるルーク、ハン・ソロ、レイアとの関わり合い、彼らのライトセーバーや宇宙船、そしてその伝説や想いを受け継ぎながら、新世代のキャラクターたちが新たな冒険へと旅立つという展開は、新旧のスタッフ・キャストが、ともに10年ぶりの『スター・ウォーズ』の新作を作り上げていくという本作の成り立ちにも相似しています。

『ジェダイの帰還』と『フォースの覚醒』の30年に何が起きた?

エピソード7にあたる『フォースの覚醒』は、『エピソード6/ジェダイの帰還』から30年後の銀河が舞台となります。映画には描かれていないこの30年間は、小説やコミック、ゲームといったスピンオフによって断片的に明かされています。

完成すれば、反乱軍の壊滅が確実視されていた第2デス・スターを巡る攻防戦(エンドアの戦い)は、反乱軍が帝国軍に勝利。第2デス・スターは破壊され、皇帝とダース・ベイダーという主要な指導者を帝国軍は失います。『ジェダイの帰還』のエンディングでは、各地で喜びの宴が行われ、ハッピーエンドのように思えました。

しかし、帝国軍の残党はそれでもなお強力な戦力を持っており、まだまだ戦いは終わらなかったのです。大勝利に勢いづいた反乱軍は、新共和国として政府を樹立。エンドアの戦いの1年後、ついに両者は砂漠の惑星ジャクーで決戦を行い、この戦いで反乱軍は勝利を決定的なものにしました。

『フォースの覚醒』の主人公、レイが住むこのジャクーには多くの兵器の残骸が残っていますが、これはこの戦いの爪痕なのです。

ジャクーの戦いの後、帝国軍は銀河協定に署名して降伏。新共和国に政権を明け渡すとともに、監視の届かない未知領域へと逃走していったのですが、これが後に帝国の後を継ぐファースト・オーダーとなっていくのです。

その後、徐々に増長していくファースト・オーダーに対して新共和国は、過去の戦乱への反省から軍備を縮小させていき、彼らを脅威と見なさなかったのでした。

そんな中、ファースト・オーダーに立ち向かう姿勢を示していたのがレイア・オーガナ。しかし、レイアは主戦論者として扱われたばかりか、政争に巻き込まれてダース・ベイダーの娘であることを暴露されてしまいます。

新共和国の議会に幻滅したレイアは、ファースト・オーダーに対抗する私設軍レジスタンスを組織し、戦いへ身を投じていきます。

(C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「消えた」ルーク・スカイウォーカー

一方、ルーク・スカイウォーカーはジェダイを再興するべく弟子たちを訓練していましたが、ファースト・オーダーの最高指導者であるスノークによってダークサイドに誘惑されたカイロ・レンが裏切りを働き、ルークを除いてジェダイは再び全滅。

かつてオビ=ワン・ケノービがアナキン・スカイウォーカーを指導したものの、アナキンはダークサイドに転向しダース・ベイダーとなり、ジェダイが壊滅してしまったことと同じ状況となってしまい、自責の念によりルーク・スカイウォーカーは失踪。その行方は、最初のジェダイ・テンプルを探しに行ったとされています。

「最後のジェダイ」であるルークは、レジスタンスを助けてもらいたいレイアと、ジェダイを全滅させたいファースト・オーダーの双方のキーパーソンとなり、捜索されることになります。

その行方がわかる地図の争奪戦から、『フォースの覚醒』のストーリーが幕を開けるのです。

よくある疑問を解説!『フォースの覚醒』FAQ

ここからは、すでに『フォースの覚醒』を見た方のために本作でよく挙がる疑問点に対して、解説していきます。もちろん、「レイの両親は誰?」などの『フォースの覚醒』で解決しない謎は除きます!

※以下、スピンオフ作品の結末も含めた内容に言及しています。

C−3POの腕が赤いのはなぜ?

『フォースの覚醒』のC-3POは、左腕だけが赤くなっています。この経緯は、コミック「スター・ウォーズ:ポー・ダメロン ブラックスコードロン」に収録されている短編「スター・ウォーズ:C-3PO」で明かされています。

ファースト・オーダーに捕まったアクバー提督の居場所を知る敵のドロイドを護送しているレジスタンスの宇宙船が危険な惑星に墜落。乗員が全滅してしまった中で、C-3POはドロイドたちだけで任務を果たそうとします。

数々の危機により仲間のドロイドは倒れてしまい、残ったのはC-3POと敵のドロイドであるO-MR1の2体だけという状態に。

ドロイドは記憶を消されることもあり、持ち主の都合によってその行動原理は変わっていってしまう。そんなドロイドならではのアイデンティティーについて語り合った2体は、敵味方を超えた友情が芽生えます。

しかし、C-3POを助けるための自己犠牲により、O-MR1のボディは破壊されてしまいます。失ったドロイドの仲間たちに思いを馳せ、C-3POはO-MR1の残った左腕を自身の欠損箇所のパーツとして使うのでした…

本編で語られなかった部分の補足となるだけではなく、ドロイドのアイデンティティーを考えさせられる興味深い短編なので、ファンの方はぜひご一読を。

(C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ジャクーに墜落したポー・ダメロンはどうやって帰還した?

フィンとポー・ダメロンはファースト・オーダーからタイ・ファイターを盗んで脱出したものの、ジャクーに墜落。フィンはタイ・ファイターの機体を発見しますが、そこにはポーの姿はなく、ほどなくタイ・ファイターは全壊してしまいます。

その後、レジスタンスの基地で再会した2人でしたが、ポーはどのように基地へ戻ったのでしょうか。それは、『フォースの覚醒』の小説で描かれています。

墜落するタイ・ファイターから緊急脱出したフィンに対して、ポーはなんとかタイ・ファイターを地表へ不時着させることに成功。コクピットから脱出し、ジャクーの砂漠をさまよいます。

そんな時、廃品回収業者のナカ・イートのランドスピーダーと遭遇。ナカを狙った盗賊グループの追跡をポーの操縦テクニックで振り切ったことで信頼され、無事にジャクーから出ることが出来たのでした。

R2−D2はなぜ、地図の一部を持っていた?

BB-8が持ち帰った地図と、再び動き出したR2-D2が持っていた地図を組み合わせることで、ルーク・スカイウォーカーの居場所であるオク=トーへ向かうことが出来るようになりました。では、R2-D2はいつからこの地図を持っていたのでしょうか?

それは、『エピソード4/新たなる希望』で描かれていました。ルークたちとともにデス・スターに潜入していたR2-D2は、レイアが囚われている監房を探すためにデス・スターのコンピューターにアクセスします。この時に、地図のデータをダウンロードしていたのです!

『フォースの覚醒』をはじめて見る方も、すでに見たファンの方も今夜は大いに盛り上がり、『最後のジェダイ』への予習・復習をしてみましょう。本作に関するクイズもご用意したので、こちらもご覧ください。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』クイズ30問!やればできる!やればできる!

「金曜ロードSHOW!」『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は日本テレビ系にて、本日12月15日(金)21時から放送です。

(文:藤井隆史)

関連記事

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』クイズ30問!やればできる!やればできる!
『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』クイズ30問!それがお前の運命だ
『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』クイズ30問!やってみるのではない、やるのだ。
祝!『スター・ウォーズ』カルトクイズ世界大会でシネマズby松竹の公式ライターが見事優勝!!
『スター・ウォーズ』7作品、Huluで一挙配信決定!


    ライタープロフィール

    藤井隆史

    藤井隆史

    藤井隆史 ファンサイト「スター・ウォーズ ウェブログ」運営。 『スター・ウォーズ』情報を発信し続け、今年で11年目。 2010年、「『ファンボーイズ』日本公開を目指す会」を主宰。 ソーシャルコミュニティサイト「Wikia(ウィキア)」主催の「『スター・ウォーズ』究極のカルトクイズ ウィキア Qwizards<クイザード>」日本大会優勝。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com