ごく普通のタクシー運転手から見た“光州事件”とは?『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』



 ©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

こんにちは、八雲ふみねです。

今回ご紹介するのは、4月21日から公開の『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』。
実在の人物をモチーフに、光州事件のもうひとつの“真実”が明かされます。



八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.152

1980年5月、光州では民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。

そんな中、ソウルのタクシー運転手マンソプは、ドイツ人記者ピーターから「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を払う」と言われ、英語を理解出来ないのに金を稼ぎたい一心で、光州へと向かう。

機転を利かせて検問を通り抜け、時間ギリギリに到着したものの、デモの状況は徐々に悪化。

光州から早く立ち去ることをマンソプは訴えるが、ピーターはデモに参加している大学生ジェシクと光州のタクシー運転手ファンの助けを借り、危険を顧みず“真実”を伝えるために取材を続ける…。

 ©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

韓国現代史上最大の事件を、ユーモアと感動を交えて届ける人間ドラマ

光州事件を扱った映画は数多くあれど、これほどまでに政治的な主張に踏み込まず、ユーモアと感動を届ける人間ドラマとして成立させたのは、本作が初めてかもしれません。

光州事件とは、1980年5月18日から27日にかけて韓国南西部に位置する光州市を中心に起きた、民衆による反政府蜂起のこと。

韓国現代史上語り継がれる“あの日”、戒厳令下の物々しい言論統制が行われる光州を取材し、全世界に5.18の実情を伝えた唯一のドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーターと、彼をタクシーに乗せ光州の中心部へと入ったタクシー運転手キム・サボク氏。

彼らが見た光景、そしてその心情をドラマチックに描いたのが『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』。
実在した2人の人物をモチーフにフィクションも交えながら、自身の良心や常識、そして使命に生きた市井の人々の物語です。

本作を手がけたのは、これが長編4作目となるチャン・フン監督。

韓国現代史の大きな痛みである事件を扱うことにプレッシャーを感じ躊躇しながらも、それ以上にチャン・フン監督の背中を押したのは、ピーターとマンソプという二人の主人公の存在。

歴史上の偉人が成し遂げた大業ではなく、普通に暮らす民衆だからこそ、その小さな決断と勇気を積み重ねることによって成し遂げた、すぐそばで見ていなければ知り得ないような出来事を描きたかったとのこと。

その言葉どおり、観客もマンソプが運転するタクシーに乗りながら、一緒に“あの日”を目撃しているような臨場感にあふれた作品に。

思わず笑ってしまうコメディ的な要素も交えながら、感動のドラマを展開していきます。

 ©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

ソン・ガンホ×トーマス・クレッチマン、海を越えて実現した名優たちの共演

サブタイトルに「約束は海を越えて」とあるように、キャスティングも国境を越えた名優による豪華な顔ぶれが実現しました。

平凡なタクシー運転手マンソプ役に韓国映画界の名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役に『戦場のピアニスト』をはじめ数々の話題作に出演するドイツのベテラン俳優トーマス・クレッチマン。

光州のタクシー運転手ファン役にユ・ヘジン、デモに参加する大学生ジェシク役にリュ・ジュンヨルらが人情味あふれる好演をみせています。

ところで、実在のマンソプさんがどのくらい“一般市民”だったかと言うと、取材を終えて韓国を離れたヒンツペーター氏が彼の消息を追いかけても行方を知ることが出来なかったほど。

もちろん韓国内でも彼の存在は認識されているはずもなく、2003年に韓国で言論に関する賞を受賞した際、授賞式のスピーチでヒンツペーター氏が「光州市民とタクシー運転手のキム・サボクさんに感謝する」と語ったことから、この歴史的事実が発覚したのだとか。

その後、韓国で本作が公開され大ヒットを記録すると、なんと、キム・サボクの息子を名乗る男性が登場。

んん?果たしてホンモノ?…と疑ってしまいそうですが、彼が持っていたヒンツペーター氏とサボクさんが一緒に写っている当時の写真が公開され、本物の肉親であることが確認されました。

キム・サボクさんは1984年に50代の若さで持病により亡くなったとのことですが、ヒンツペーター氏と再会していたならばどのような昔話に花を咲かせたか、気になるトコロですね。

 ©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

本作を支えるのは、なんといっても韓国の国民的俳優ソン・ガンホ。社会派ドラマからサスペンス、コメディまで、ジャンルを問わずその確かな演技力と存在感で魅了する、私も尊敬する俳優さんのひとりです。いわゆる“韓流スター”とは違った人間クサさがたまらない魅力で、特に笑顔がステキなんですよね。

来日時にインタビューや舞台挨拶の司会でご一緒させていただく度に、ジェントルマンな佇まいと優しい笑顔に触れ、ほっこり温かな気持ちに包まれてしまいます。
特に本作のように、人の道から外れることなく生きてきた小市民が次第に正義に目覚めていく…という役どころは、ソン・ガンホがもっとも得意とするところ。
ソン・ガンホのコミカルかつ繊細な演技を、とくとご堪能あれ。

 ©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

<作品情報>

タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜
2018年4月21日からシネマート新宿ほか全国ロードショー
監督:チャン・フン
出演:ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル ほか
©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト http://klockworx-asia.com/taxi-driver/

八雲ふみね fumine yakumo

八雲ふみね大阪市出身。映画コメンテーター・エッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に司会者としてもおなじみ。
八雲ふみね公式サイト yakumox.com

関連記事

光州事件を題材にした『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』予告編解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com