「君の声に匹敵する人はいない」秦基博の下積み時代を知る人物に聞く、出会いと思い出

天空の蜂 秦基博

2006年にシングル「シンクロ」でメジャーデビューを果たし、リスナーのみならず、多くのアーティストから高い支持を得ているシンガーソングライターの秦基博さん。力強く、繊細で伸びやかな歌声は、「鋼と硝子でできた声」と称されている。

同氏の下積み時代を知る人物を訪ね、出会いから現在に至るまでの思い出話を聞き、「Q&A」に答えてもらった。

初ライブの地「F.A.D YOKOHAMA」

秦基博さんがはじめてライブハウスのステージに立ったのは、1999年のこと。友人のパンクバンドの紹介がきっかけだという。

天空の蜂 秦基博

横浜は音楽の街で、JR関内駅とJR石川町駅周辺には、多くのライブハウスが点在している。今回の目的地は、横浜の老舗ライブハウスだ。

天空の蜂 秦基博
最寄り駅はJR石川町駅だが、ひとつ隣のJR関内駅から出発した理由は、横浜らしい風景を眺めることができるから。

天空の蜂 秦基博

駅前にある横浜スタジアムを横目に進むと、横浜中華街が見えてくる。

天空の蜂 秦基博

横浜中華街を抜けると、秦基博さんが1999年から2006年のメジャーデビューまで定期的に出演していたライブハウス「F.A.D YOKOHAMA」がある。

天空の蜂 秦基博

キャパシティは、スタンディングで380人。メージャーアーティスト、インディーズアーティストが出演するライブハウスでは、横浜で最も大きい店舗のひとつだ。

天空の蜂 秦基博

「F.A.D YOKOHAMA」のオープンは、1996年。まもなく20週年を迎える店内には、過去の歴史が刻まれている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com