話題必須!一足お先に『東京喰種 トーキョーグール』を見た感想。

■『東京喰種 トーキョーグール』関連記事

東京喰種 トーキョーグール 新メイン

(C)2017「東京喰種」製作委員会

アニメや舞台、ゲームとメディアミックスが進む石田スイ原作のダークファンタジー&バトルコミック「東京喰種 トーキョーグール」を窪田正孝主演でついに実写映画化。

喰種(グール)と呼ばれる正体不明の怪物と人間たちとの戦いが、喰種となってしまった青年カネキを軸に描かれる。ヒロインのトーカを清水富美加、喰種捜査官(CCG)の真戸を大泉洋が演じるなど、個性豊かなキャストが顔を揃えた。ちなみに、窪田正孝のキャスティングは原作者石田スイの第一希望キャストだった。

STORY

人の姿をしながらも、水とコーヒー以外で摂取できるのは人体のみという正体不明の怪人“喰種(グール)”が人間と同じように暮らしている東京。

ごく普通の読書好きな大学生のカネキ(窪田正孝)は、好意を寄せていた少女リゼと知り合い念願のデートにこぎつける。しかしリゼはグールでカネキに襲いかかる、絶体絶命の中二人の頭上に巨大な鉄骨が落下する。一命をとりとめたカネキだったが、事故のとき一緒にいたリゼ(蒼井優)の臓器を移植されたことで半喰種となってしまう。
自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、それまでに感じることがなかった飢餓感とグールとしての闘争本能に苛まれる。

そんな彼がたどり着いた場所が以前から通い詰めていた喫茶店“あんていく”。リゼと出会った場所もここだった。実は“あんていく”は初老のグール芳村が営み、また東京に隠れ住むグール達の集まる店だった。

そこで出会ったアルバイトの女子高生・トーカ(清水富美加)を含む従業員もみなグールだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていき、カネキは喰種たちのことを深く知るにつれ、大切な仲間や友人と人間でありグールでもある自分とどう向き合うか葛藤する。

そんななか、喰種を駆逐しようとする人間側の組織CCGの捜査官・亜門(鈴木伸之)と真戸(大泉洋)が現れ、人間と喰種の戦いが激化していく……。

背水の陣を引いた主演窪田正孝

原作者石田スイが熱望したという主演の窪田正孝は自ら今回の作品について、「結果が伴わなければ終わりだ」と語り自ら背水の陣を引いた。

映画はすでに世界23か国の公開が決定していて、原作は2300万部を突破したベストセラー。しかも窪田演じるカネキは絶対的な対立しかない世界において、唯一グールと人間の両方の立場を知ることができる存在であり、両種の懸け橋になれるか否か、世界を前に進めることができるかという運命を背負ったキャラクター。

東京喰種 トーキョーグール 窪田正孝

(C)2017「東京喰種」製作委員会

さらに苦悩や葛藤を抱えながら、その一方で対立せざるを得ないグールや人間たちとの過酷なアクションシーン・バトルシーンにも挑まなければいけない。テレビドラマや映画で着々とキャリアを積んできた窪田としてもこれほどの重責は初めてのことだろう。

また、原作者の希望はもちろん主演窪田正孝とアナウンスされた際の原作ファンからの歓迎ぶり・期待感も肌で感じていることだろう。

それゆえに窪田は自身を徹底的に追い込んでこの作品に挑んだ。

グールと人間の狭間で苦悩するカネキを苛立たしく感じながらも最も身近な存在として導く少女トーカには清水富美加。男勝りな性格で戦闘能力も高い、グール・人間に限らず敵対する者は躊躇なく殺害するなどグールの凶暴性をカネキに見せつける。このトーカの価値観・生命観がカネキの新たな一歩に大きく作用していく。

東京喰種 トーキョーグール 窪田正孝

(C)2017「東京喰種」製作委員会

冷徹を体現する大泉洋

蒼井優、鈴木伸之、村井國夫、坂東巳之助、佐々木希、そして物語の悲劇性の象徴する母子相田翔子と桜田ひよりなど豪華かつ個性的な面々がそろった中でも、強烈な印象を残すのがここまでの悪役・冷徹な役は初めてといっていい大泉洋だろう。

大泉が演じるのが白髪で長髪という強烈な外見、手にしたドーナツを見せながら、“これと理解しあえるか?”と冷徹に語り、グールに対して徹底した残酷な態度で接し、また格闘戦でもトーカを翻弄する対グール駆逐組織CCGの凄腕捜査官真戸。

所属する演劇ユニットTEAMNACSでの芝居では強面な顔を見せることもある大泉だが、ここまで低体温に徹した大泉洋を見たことはないだろう。もしかしたら、これから先も見ることができないかもしれない。

終盤のトーカVS真戸、そしてドラマ「あなたのことはそれほどでも」で注目を浴びた鈴木伸之演じる捜査官亜門VSカネキの決戦シーンは各々の身体能力とセンスの良さで物語のクライマックスに相応しい迫力のシーンとなっている。

東京喰種 トーキョーグール 大泉洋

(C)2017「東京喰種」製作委員会

赫子とクインケ

赤い目“赫眼”を輝かせ戦闘モードになったグールが体内から出現させる“赫子”とグールの遺体をもとに加工製造された対グール用生体兵器“クインケ”。

東京喰種 トーキョーグール 清水富美加 千眼美子

(C)2017「東京喰種」製作委員会

『東京喰種 トーキョーグール』のもう一つの主役とも言っていいこの二つの存在。これを実写映画の中でしっかり表現できなければ映画自体を台無しにしかねない。ここで大きく機能したのがなんと本作が長編初監督作品となる萩原健太郎のキャリアだ。

すでにCM/MVディレクターとしてキャリアを多く積んでいた監督は本作ではそこで得た表現技法と一本の映画にはなかなか集まりにくいスタッフを独自の人脈で集めた。変に長編映画の作り方に慣れてしまっている監督よりは経験の少ない監督に託したほうが“誰も見たことがない映画”が出来上がるのではという、原作者・プロデューサーの目論見は見事にはまったといっていいだろう。

主演の窪田正孝の覚悟と挑戦的な製作体制が大きく実を結んだ映画『東京喰種 トーキョーグール』。大作・話題作の並ぶ今年の夏映画の中心になる一本と言っていいだろう。

■他の『東京喰種 トーキョーグール』関連記事もチェックしてみる

(文:村松健太郎)

関連記事

実写版・東京喰種とSNOWがコラボ!誰でもカネキに
窪田正孝、僕は八重歯がありますが…実写版「東京喰種」ワールドプレミアを実施
主要14名のキャストが勢揃い!実写版・東京喰種、新ビジュアルを公開
赫子を発動した姿が解禁!映画『東京喰種 トーキョーグール』
4DX上映、決定!映画『東京喰種 トーキョーグール』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com