「逃げるとやめるは違う」松井玲奈『笑う招き猫』インタビュー

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

4月29日(土)より公開となる『笑う招き猫』。

シネマズでは主役のアカコを演じられた松井玲奈さんに単独インタビューを実施しました。作品の見どころや、松井さんが演じられたアカコのキャラクターについて伺ってまいりました!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──この作品についての松井さん自身、ご覧になられての印象や感想を教えてください。

松井玲奈(以下、松井) 撮影している時は、脚本を読んでアカコがどう思うか、どうしたいかということを考えていました。なので出来上がった作品を見た時はかなり印象が違いました。漫才をしている二人だけの話ではなく、周りの人たちみんなが挫折をしても前を向いて諦めずに頑張ろうと前向きに進んでいくとても素敵な映画だなと思いました。漫才とかお笑いがピックアップされがちですが、見た人全てが元気になれる映画に仕上がっていると思います。

──夢を諦めている大人への応援映画にも見えました。

松井 私もそう思いました。幅広い年代の人たちが、本当の自分に向き合えない状態になっていっていることが描かれていて、どの人が見ても自分と通じるところがあると思うんです。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──漫才のシーン、笑いを取れずにコケるところを含めて魅力的でしたが、舞台の漫才をしてどんな気持ちでしたか。

松井 どんな気持ちだったかな。実際にお客さんを入れて舞台で漫才をしたんです。最初はお客さん側から撮りました。同じネタを撮影で何回もやるとお客さんが飽きてくるのでほとんど初見の状態で見てもらいました。お客さんを撮っている時はネタを変え、アドリブを加えて、お客さんを飽きさせないように頑張りました。アドリブを入れていくのが本当に緊張しました。アドリブが滑ったらと思うと…もう恐くて恐くて(笑)自分たちが面白いと思ったことが意外とウケなかったりした時は、こんなに辛いんだというのを経験できました…(笑)

──喧嘩シーンやコミカルな演技が光っていました。今までの演技などで参考にされたことはありましたか。

松井 参考というのはありませんでしたが、この作品をやる前に今作と同じ飯塚健監督の『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』という作品をやっていたので、監督とのコミュニケーションを含めてやりやすかったというのはありました。飯塚監督が求めてくる笑いが自分自身も大好きなので応えたいと思ってアカコというキャラを作っていきました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──アカコを演じる上で監督からはどのようなアドバイスがありましたか。

松井 動きが個性的であってほしい、アカコっぽい動きを作ってほしいと言われました。見た目も変わっていて、自分らしいファッションがあり、意思もはっきりしている子です。面白いことは何でもやってみたいとかそれに人を巻き込んでいくのも好き。アカコらしい動きや言葉遣いを考えて、アカコっぽさを追求していきました。

例えば上杉君という中学生が出てくるのですが、彼に詰め寄るところで彼が持っていたジュースを奪って飲むんです。普通は人が頼んだ飲み物を怒りながら飲んだりしないじゃないですか。それがすごくアカコっぽいと思ってやってみたら、生理的にしっくりきました。そういう一つひとつの動きが彼女らしさを出しているんだなと思いました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──動きも時折とても個性的だなと思いました。

松井 夜にみんなで校舎へ侵入するシーンの動きとかとても変ですよね(笑)他にも彼女らしいエッセンスが散りばめられた動きが登場するのでご覧になられる方にはアカコの動きにも注目して頂きたいです。

──アカコの本質ってどんなことでしょうか。

松井 多分多くの人は印象を良く見られて嫌な気分はしないんです。むしろそれを望んでいて良ければ良いほど心地よくなったり、自信を持てたりすると思うんです。それがいたって普通。

でもアカコというキャラクターは人に面白く思われるのが全てなんです。ドラマ版で洗濯バサミを顔につけたり、まばたきしないように目を開いていたりとか、普通だったら人にあまり見せないものを見せているんです。アカコはある種、ブスであることが正義なのだと思っているのかもしれません。それが芸人さんだからというわけではないんですが、飾らずに出しているのが良いとアカコは思っています。相方のヒトミと二人でいるシーンも、自分で見ても普段しないことをしています。顔を面白いなと思ってもらえたらそれはそれで嬉しいです。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──大学生の回想シーンがあり、いくつかの年齢を演じられていますが演じ分けなどで意識されたことはありますか。

松井 意外となかったですね。アカコは大学生のままずっときちゃっているのかなと思っていて。周りの人が変わっていく中で、良くも悪くもアカコは変わらなかったのだと思います。もちろん対相手の距離感などは年齢で変わってくるので意識して演じましたが、本質は同じです。それでこそアカコなんだと思います。

──この映画、どんな人に見てほしいですか。

松井 今向き合っていることを中途半端に辞めようとしている人には響くのではないかと思います。「逃げるとやめるは違う」という台詞があって、中途半端に投げ出すのと、納得するまでやって辞める人は違うなと思っています。そういう狭間で悩んでいる人は見てほしいなと思います。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──最後に、今後松井さんが演じてみたい、挑戦してみたい役柄を教えてください。

松井 様々な“職業の人”をやってみたいです。

──例えばどんな職業ですか。

松井 清掃員とか!(笑)何か事件が起きそうじゃないですか!掃除している人って世の中の様々な出来事や落とし物を目撃してると思うんです。そういう小さな何かから話が広がるのが面白いなと。そういうサスペンスのようなコメディ作品にいつか出てみたいです!

(取材・文:柳下修平/撮影:MAKOTO TSURUTA

松井玲奈さんの衣装 詳細

ストライプオフショルダーシャツ
¥17,000(+税)
パンツ
参考商品

ブランド名  DWHITE
社名 バンディエラ.ブルー
問い合わせ先
03-6407-2297

関連記事

清水富美加さんと松井玲奈さんが微笑みかけてくれた…『笑う招き猫』にエキストラとして参加した話、とか
清水富美加&松井玲奈、漫才コンビ役に!山本幸久「笑う招き猫」映画化
清水富美加「あたし、もう辞める!」リアルな喧嘩姿

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com