小津映画を象徴する 伝説的大スター原節子

■「キネマニア共和国」

写真家『早田雄二』が撮影した銀幕のスターたち vol.1

現在、昭和を代表する名カメラマン早田雄二氏(16~95)が撮り続けてきた銀幕スターたちの写真の数々が本サイトに『特集 写真家・早田雄二』として掲載されています。

日々、国内外のスターなどを撮影し、特に女優陣から絶大なる信頼を得ていた早田氏の素晴らしきフォト・ワールドとリンクしながら、ここでは彼が撮り続けたスターたちの経歴や魅力などを振り返ってみたいと思います。

小津映画を象徴する伝説的大スター原節子

20150128hara (1)

原節子は1920年6月17日、神奈川県横浜市保土ヶ谷区に生まれました。

小さい頃から目が大きく、“5センチ眼(がん)”といったあだ名もつけられていたそうです。

34年8月、日活大将軍で女優をやっていた次姉・光代の夫で映画監督の熊谷久虎から女優になるよう勧められ、家計の事情もあって、彼女もこれを承諾。35年4月に日活多摩川撮影所に正式入社しました。

日本人離れした美貌で活躍した戦前の少女スター時代

デビュー作は同年8月に公開された田口哲監督の思春期映画『ためらふ勿れ若人よ』。

このときお節っちゃん(節子)という女学生に扮した彼女は、滝口新太郎扮する高校生を遠くから見かけて呼び掛けるという設定の撮影に際し、「その前に何度くらいふたりは会っているのでしょう?」と質問して、田口監督を驚かせたという逸話が残されています。

ちなみに、原節子の芸名は、このときの役名からつけられたものです。

その後『深夜の太陽』(35)『緑の地球』(35)『白衣の佳人』(36)などで準主役として活躍し始めた彼女は、山中貞雄監督の傑作『河内山宗俊』(36)でさらに注目を集め、さらにはその撮影中、日独合作映画『新しき土』(37)製作のために来日していたアーノルト・ファンク監督(日本側監督は伊丹万作)に見初められ、ヒロインに大抜擢。

作品はドイツでも上映され、その折に渡欧し、晴れ着姿での舞台挨拶では現地の観客の喝采を浴びるとともに、彼女自身もそのままパリやハリウッドを回り、多くの映画人と交流したことが自身の貴重な体験となったようです。

帰国後の37年9月、J・Oに入社した原節子は、同社がすぐに東宝映画に吸収合併されたことで東宝スターとして活躍。

アメリカ映画『ステラ・ダラス』の影響が濃い『母の曲』(37)、『レ・ミゼラブル』の翻案映画化『巨人伝』(38)、アンドレ・ジッドの小説を原作とする『田園交響楽』(38)ではそれぞれヒロインを務め、西欧女性に匹敵する彫の深さや目の大きさなどから醸し出される、日本人離れした美貌をも強く印象付けることにもなりました。

しかし日中戦争や太平洋戦争の影響で、女優が活躍できる映画の製作が少なくなっていく中、彼女も『上海陸戦隊』(39)『ハワイ・マレー沖海戦』(42)『望楼の決死隊』(43)など戦争映画への出演も多くなります。

一方で松竹から東宝に移籍した島津保次郎監督に気に入られて『光と影』(40)『兄の花嫁』(41)『緑の大地』(42)など島津映画の常連となり、彼の熱心な演技指導によって着実に演技を磨き上げていくのでした。

戦後のさまざまな役柄への挑戦と巷の評価の変化

戦後に入り、原節子は時の新進監督・黒澤明の『わが青春に悔なし』(46)で戦争によって運命を翻弄されてくヒロインを見事に演じあげますが、46年第2次東宝争議に伴う組合の政治闘争化に反対する“十人の旗の会”に参加して東宝を退社。

47年に設立された新東宝の『かけ出し時代』(47)に出演したのちは、フリーとなります。

フリー第1作は、吉村公三郎監督の松竹映画『安城家の舞踏会』(47)。これがキネマ旬報ベスト・テン第1位になったことも重なって、彼女の人気は急上昇。

育ちの良いお嬢様風で、聡明かつ気品高く、それでいて嫌味なくハイカラに映える彼女は、戦後民主主義の到来を象徴するかのような存在となっていきました。

木下恵介監督の『お嬢さん乾杯』(49)や今井正監督『青い山脈』(49)もその1本でしょう。

さらには同時期、上司に犯されて破滅の道を歩む女工を演じた『時の貞操』(48)や、ギャングの凄みある情婦に扮した『颱風圏の女』(48)といった異色作にも出演。

おそらくはフリーとなり、女優として何でも挑戦してみたいといった意欲が如実に表れていた時期でもあったのでしょう。

事実、この頃から「日本人離れした美貌に、血が通うようになった」といった好意的批評も出始めるようになってきました。

なお、オフでの彼女はおっとりと清潔感を携えつつ、意外にざっくばらんな面もあり、基本的にはさばさばした性格で、口を大きく開けて笑う人であったとも伝えられています。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com