山田裕貴の2017年を振り返る。パーソナルに迫る30問のQ&Aにも回答!【短期連載・第3回】

2017年は12作の映画、5本のドラマに出演し、ブレイク中の俳優・山田裕貴。11月11日(土)には『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』が公開、11月18日(土)には2nd写真集「歩」が発売されました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

さらに12月2日(土)には『デメキン』の公開を控え、2017年もまだまだ目が離せない彼。シネマズby松竹では、全4回の連載で彼の魅力をお届けします。

連載一覧はこちらから

第3回となる今回は、2017年の振り返りと先日情報解禁された、映画『となりの怪物くん』について語ります。さらに、彼のパーソナルに迫る質問をQ&A形式でご紹介。

2017年を振り返って

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

『亜人』で綾野剛さんと佐藤健くん、『デメキン』で健太郎くんとか、『トモダチゲーム』で吉沢亮くんとか、初めてがっつり共演した人は多かったですね。

僕は作品の登場人物の1人だけど、そのファンの人たちにも知ってもらえる俳優になれたらなって。今年は特に思ってたので、そういう初めてはいっぱいありました。

(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017 映画『デメキン』製作委員会

(吉沢)亮は『仮面ライダーフォーゼ』と『海賊戦隊ゴーカイジャー』の時期が被ってたから、初めてではなかったけど、一緒に遊ぶような仲ではなかったんです。

きっかけは『オオカミ少女と黒王子』のキャスト飲み会で、前にも共演してた二階堂ふみちゃんが「もし空いてたらおいでよ」って声をかけてくれて、廣木隆一監督も「来いよ」って言ってくれて、遊びに行ったんです。そこで亮と盛り上がって、のちのち『トモダチゲーム』の企画がきたときに、亮が「美笠天智役は山田くんがいい」って推してくれたんです。

『亜人』の撮影でスケジュールがなかなか出せなかったのに、それでもギリギリまで粘ってくれて。だから僕が『トモダチゲーム』に出られたのは、亮のおかげなんですよ。

そういう縁が実は多くて、『ストロボ・エッジ』のときも、ドラマ「スターマン・この星の恋」で一緒だった有村架純ちゃんがリクエストしてくれたと聞きました。

そういう決まり方はうれしい反面、期待に応えられない芝居をやってしまったら「なんで山田を呼んだんだろう」となってしまう。そういうことも含め、いろんなことを思った年でした。

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

菅田将暉くんと共演した『あゝ、荒野』も、キラキラものしかやってない若手俳優なんだろうなって思われてる部分から、それを変えてくれる作品になると思いましたね。

トレーニングはきつかったです。プロテストを受ける人用のトレーニングで、耐える体を作るために、本当に殴られるんですよ。やっていくうちに鍛えられて、不思議と痛くなくなりました。

だから、「荒野」では、本当に菅田くんと当てあったんです。腹はOKみたいな(笑)。
顔に入っちゃったときもあったけど、そこは一緒にトレーニングしてきてたし、信頼もあったからお互い様で。「『ハイロー』見て、一緒にやりたいと思ってたんだよね」って言ってくれてて、そこからのスタートだったので、お互い楽しんで作品を作ることができました。

自分の変化といえば、悔しいって思う場所が今までと変わったんです。前までは「あいつの方が出てる」とかしょうもない、ちっちゃいことで悔しがってたなって思うけれど、今はもっと広いところに対して感じてます。まだ世間に知ってもらってない、とか、対象が個じゃなくて、大多数、世の中になった。

昔から応援してくれてる人は「すごく知ってもらってるよ」ってフォローの言葉をくれるけども、僕の中ではまだせまくて。もっと知られないと意味がない、もっともっと、って、よりハングリーになった1年だと思います。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

舞台だろうが、映像作品だろうが、この役は山田裕貴にやってほしい、って思われる俳優にならなきゃいけないな、と。

すごく当たり前なのかもしれないですけど、出たい作品に呼ばれてないことがカッコ悪いなって思っちゃうんですよね。アメリカだったら、もっとオーディションとかで正々堂々と戦える機会が多いと思うし。

だから、本物にならなきゃなって思ってます。堤真一さんが同じことをおっしゃってたんです。今年、堤さんのお宅にお邪魔する機会があって、その時に「俺は本物になりたいんだ。本物の役になりたいし、本当に選ばれた人になりたい」というようなことを話してくださったんですが、今やっとその意味がわかってきた。役として本物になる。本当にその演じる人間になりたいと思う。

あのクラスの方でも言っているんだ、と思うと、とても刺激を受けます。

『となりの怪物くん』ヤマケン役が解禁に

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

僕が演じる山口賢二(通称ヤマケン)は、人気キャラ1位らしいですね。ありがたいけど、プレッシャーもありました。僕を知らない原作ファンからしたら、「誰だよ!」ってなるわけですから…。

『ストロボ・エッジ』のときと同じで、キャラにハマってると思われないといけないし、嫌だと思ってた人にも「見てみたら、よかった」って言われなきゃいけない。しかも、「ストロボ」の安堂は感情を出せる役だったけど、ヤマケンは全然出さないから、うまく演じられないと、さらっと終わっちゃう。だから、そう映っていたら「ヘタクソだったんだ」って思うしかない。そしたら俺の負けだし、「よかった」っていわれたら、認めてもらえたのかなって。

でも、また、だーすー(菅田将暉)と共演できるのはうれしいし、(佐野)岳とか、エラさん(池田エライザ)、(土屋)太鳳ちゃん、古川(雄輝)くんも2回目。知っているメンバーで作品を作っていく楽しさは、とてもありました! 肩肘張ってた昔とは違う感覚でやれた、という実感があります。

あと、プロデューサーさんはなんと5回目! 「作品にそんなに呼んでくれる人いる!?」って。しかも、『世界の中心で、愛をさけぶ』のプロデューサーさんなんですよ。僕にとって「セカチュー」は思い入れのある映画なんですけど、最初、それを担当されてた方って知らなかったので、後から知って当時はとても驚きました。

僕もまだ試写を見ていないので、どんな作品になっているか楽しみです。原作がある作品のときは毎回思うんですが、原作ファンの人たちが楽しめる作品になればいいなって。3次元には3次元のよさがあると思うので、楽しんで見てもらえたらうれしいです。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com