【予告編】リベンジ・スリラー『ナイチンゲール』|2020年3月20日(金) 公開

『ナイチンゲール』|2020年3月20日(金) 公開

予告編

第75回ヴェネツィア国際映画祭においてコンペティション部門唯一の女性監督作品として注目されながらも、そのあまりにも過激で衝撃的な内容が物議を醸した映画『THE NIGHTINGALE』が邦題『ナイチンゲール』として、3月20日(金)より公開されることが決定。予告編とメインビジュアルが解禁された。

本作は英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供の命を残虐な将校らに奪われた女囚クレアの復讐の旅を描くリベンジ・スリラー。処女作『ババドック 暗闇の魔物』が高い評価を浴びたジェニファー・ケント監督は、本作をただのジャンル映画の枠に留まらせることなく、人間の暴力性と差別の問題に鋭く切り込み、流刑地における女性虐待と植民地化によって人口の90%が失われたと言われる先住民アボリジニの迫害の歴史を赤裸々に抉り出した。

主人公クレアを演じるのは人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のリアナ・スターク役でお馴染みのアイスリング・フランシオシ。オペラ歌手でもある彼女が劇中で歌うアイルランド民謡は、観る者の胸に美しく切なく響き渡る。また、クレアからすべてを奪う残忍な将校役を『あと1センチの恋』のサム・クラフリンが熱演している。

クレアの悲しみと怒りにみちた強い眼差しを横切る夜鳴き鶯(ナイチンゲール)の鮮烈なメインビジュアルは、アメリカの有力な映画メディアの一つである「インディ・ワイアー」において “2019年のベスト・ポスター”の中の1本に選ばれている。

ストーリー

19世紀のオーストラリア。一帯を支配する英国軍の将校達から激しいレイプを受け、夫と子供を殺されたアイルランド人の女囚クレア。復讐を誓う彼女は、逃亡した将校らを追跡するために先住民アボリジニのガイドであるビリーに道案内を依頼する。何一つ後ろ楯もない、奪われし者達の過酷な復讐の旅が始まる――。

作品情報

監督・脚本:ジェニファー・ケント『ババドック 暗闇の魔物』
製作:クリスティーナ・セイトン、ブルーナ・パパンドレア『ゴーン・ガール』音楽:ジェド・カーゼル
キャスト:アイスリング・フランシオシ「ゲーム・オブ・スローンズ」、サム・クラフリン『あと1センチの恋』、バイカリ・ガナンバルほか
2018年/オーストラリア・カナダ・アメリカ合作/英語/136分/原題:THE NIGHTINGALE 日本語字幕:額賀深雪 配給:トランスフォーマー
© 2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.
HP:www.transformer.co.jp/m/Nightingale/
Twitter:@nightingale_JP
FB:www.facebook.com/transformer.jp

⇒他の記事も読む

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com