【ティザー予告】『TOKYO TELEPATH 2020』|2020年5月30日(土)〜6月19日(金)限定上映

『TOKYO TELEPATH 2020』|2020年5月30日(土)~6月19日(金)シアター・イメージフォーラムにて限定上映

ティザー予告

『KUICHISAN』『TECHNOLOGY』で、日本映画界に彗星のようにあらわれ、高い評価を得ているNYインディペンデントシーン出身の映像作家・遠藤麻衣子の最新作『TOKYO TELEPATH 2020』が渋谷・シアターイメージフォーラムで2020年5月30日(土)から6月19日(金)までの3週に渡って上映されることが決定。ティザー予告が解禁された。

テレパシーで交信する新時代の少女たちを、映画初主演となる新進女優の夏子と、フォトグラファーとしても注目を浴びているモデルの琉花が演じ、美しくも強烈な存在感で、観客を未知なる東京へと惹き込んでいく。

撮影監督は、『KUICHISAN』でタッグを組んだショーン・プライス・ウィリアムズが再び務め、音響は『メッセージ』『ゼロ・グラビティ』のニコラス・ベッカー、音楽に気鋭の音楽家・服部峻と国内外のトップクリエイターたちが集結。オリンピック、パラリンピック前の現代の東京を、疾走感と浮遊感を併せ持った映像言語によって、新たな視点で描き出す。 また、本作の公開に合わせ過去作である『KUICHISAN』『TECHNOLOGY』も限定上映されることが決定している。

ストーリー

2020年オリンピック・パラリンピックを控え、目まぐるしく変貌する東京に降り立つ少女。彼女は東京の結界を正す任務を受け、都内各所を巡っていく。一方、FUSIONという新技術によってテレパシーの才能を開花させた、もうひとりの少女がコンタクトを試みてくる…。

作品情報

出演:夏子、琉花ほか
製作・監督・脚本・編集:遠藤麻衣子|エグゼクティブ・プロデューサー:山下覚|撮影:ショーン・プライス・ウィリアムズ|照明:ジャック・フォスター|音響デザイン:ニコラス・ベッカー|リレコーディング・ミキサー:浅梨なおこ|音楽:服部峻
(2020年|日本|49分|DCP|カラー|1.85:1|5.1ch)
© A FOOL
配給:A FOOL 配給協力・宣伝:プレイタイム

⇒他の記事も読む

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com