倉科、溝端、田山、笹野、温水、瀧!映画『珍遊記』キャストコメント到着!

2016年2月27日より公開となる、漫☆画太郎原作のギャグ漫画の実写作、映画『珍遊記』で松山ケンイチ演じる主人公・山田太郎とともにスクリーンを暴れまわる6人のキャラクターが解禁となっている。さらにシネマズに、それぞれのキャラクターを演じるキャストたちのインタビューコメントが到着した。

映画『珍遊記』松ケンの共演者6人が発表!映画オリジナルキャラも

映画『珍遊記』は、1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写映画化した作品だ。主人公・山田太郎を松山ケンイチがつとめる。公開情報が解禁となり、シネマズをはじめとして各媒体でも大きく取り上げられ話題となっている。

珍遊記
上段左から倉科カナ、溝端淳平、ピエール瀧。下段左から、田山涼成、笹野高史、温水洋一

そしてさらに今回解禁となった共演者は、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧の6人。それぞれが存在感があり、役者としても個性豊かなメンバーが揃った。

倉科カナが演じるのは、山田太郎と共に天竺を目指す坊主・玄奘。本作では、坊主頭に袈裟という格好で、冒頭からのお下劣なセリフのやり取りや呪文を唱えながらのアクションシーンなども、見事に演じ切っている。

溝端淳平は、映画オリジナルキャラクターとなる山田太郎に恨みを持つの龍翔を演じる。本作では、扇子を構えて笑顔を振りまきながら、忌まわしい記憶を抱えて復讐に燃えるという、原作には登場しない役柄をユーモアたっぷりに演じている。

数多くの作品で、名バイプレイヤーとしての地位を確立している田山涼成は、山田太郎の育ての親・じじいを、禿頭に着物姿で、ばばあと夫婦漫才のような掛け合いをしながら、口が悪く調子のいい役柄をノリノリで演じている。

漫☆画太郎作品には欠かせないばばあを演じるのは、『男はつらいよ』シリーズを始めとする山田洋次監督作品の常連で、『武士の一分』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した、日本を代表する名優、笹野高史。本作では、性別の枠を超えて、カツラと着物を身に着け、じじいと夫婦漫才のような掛け合いをしつつ、ハイテンションでコミカルな演技を披露している。

舞台以外にもドラマ・映画・バラエティなど、数多くの作品で個性派俳優として活躍を続けている、温水洋一は、漫☆画太郎作品ではお馴染みとなる世界最強の武闘家・中村泰造を演じる。ただの酔っぱらいと思いきや、酒を飲みながらの酔拳を繰り広げるなど、温水洋一のこれまでのキャラクターからは想像もつかないアクションをたっぷりに演じている。

そして、変身前の山田太郎を演じるのは、テクノバンド・電気グルーヴのメンバーとして世界的に活動し、最近では俳優としても幅広く活躍しつつ、原作にも“町一番のかぶき者”として登場するなど、漫☆画太郎とも親交の深い、ピエール瀧だ。本作では、全身に特殊メイクを施し、“化け物感”たっぷりに凶暴で迫力のある演技を披露している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 中村真実
    • 久保田和馬
    • タクスズキ
    • 片平圭亮
    • ゆうせい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo