映画業界初?『ミッシング・デイ』まさかのフリー素材・大川&唐揚げバナー公開

2015年4月4日から公開となる、ジョン・キューザックとライアン・フィリップの共演作『ミッシング・デイ』。このたび、映画業界初の試みとなる、同作の”衝撃的すぎる”バナーが公開された。

今回公開されたバナー画像はファンが作成したコラ画像ではなく、配給会社のプレシディオのTwitterアカウントがツイートした公式の企画。

「壁ドン!? キューザック主演」のシンプルなキャッチコピーと、右手を前に出した女性目線の壁ドンを再現した男性が印象的なバナー。ネット通の方であれば、「あれっ…この男性、見たことある…?」と思うかもしれない。

ミッシング・デイ 大川竜弥 フリー素材 壁ドン 唐揚

この男性は”シネマズ編集部公式ライター”でもある、自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥氏。ニュースサイトの挿絵やバナー広告などでフリー素材が使われている、ネットの隠れた有名人だ。

ミッシング・デイ 大川竜弥 フリー素材 壁ドン 唐揚 ぱくたそ

バナーに使用された大川氏のフリー素材|ぱくたそ

なぜ同作のバナーに大川氏が起用されたのかは謎だが、昨年ユーキャン新語・流行語大賞のトップテン入りを果たした「壁ドン」とジョン・キューザックの「ジョン」をかけ、背景の爆破シーンをよく見ると先日ネットでも話題になった『唐揚げ』を加工したものが使われている。映画の宣伝でフリー素材を使用するのは、業界初の試みだろう。

missingday_B5omote
© 2014 RECLAIM FILM, LLC

同作は、年間120万人といわれる養子縁組、その仕組につけ込む人身売買集団と娘のために闘う夫婦が激突するサスペンス・アクション。ジョン・キューザックが人身売買団の一員として、主人公夫婦を徹底的に追い込む滑稽な悪漢をリアルに演じている。そして、命がけで抵抗し娘の奪還を図る夫婦の夫役にライアン・フィリップ。『ワイルドスピード』『デス・レース』を手がけた超一流の撮影、VFXチームが送るスリリングなシーンの連発が見どころだ。

バナーのように、ジョン・キューザックが壁ドンを披露するシーンがあるのか気になる方は、是非劇場に足を運んでいただきたい。

映画『ミッシング・デイ』は2015年4月4日公開!

関連リンク

初めての映画デートで距離をグッと縮める3つの演出『映画も恋も演出が大事』
「ああ、あの曲か!」ジャッキー・チェンの歌声が堪能できる映画名曲3選

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • カツセマサヒコ
    • 宮本和彦
    • 朝井麻由美
    • しましま
    • 奥野 大児
    • 久保田和馬

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo