アンドリュー・ガーフィールド主演最新作『ドリーム ホーム』公開日&邦題決定!

ドリーム ホーム_メイン

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで活躍し、いまや世界的スターとなったハリウッド映画若手俳優アンドリュー・ガーフィールド主演の最新作『99Homes』(原題)が、邦題『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』として2016年1月30日(土)より日本公開されることが決定した。

家族を守るために道を踏み外す男を描いた社会派サスペンス

映画『ドリームホーム 99%を操る男たち』は、リーマンショック後のアメリカを舞台に住宅ローン返済不能によって家を差し押さえられた人々の事実を元に映画化した作品。

タイトルにある“99%”とは、ノーベル賞を受賞したアメリカの経済学者ジョセフ・E・スティグリッツが著書『世界の99%を貧困にする経済』にて提唱した“世界中の富の4分の1をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である”という説をベースにしている。

家族を守るために道を踏み外す主人公を演じるのは、映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで世界的スターへの道を開いたアンドリュー・ガーフィールド。冷酷な不動産ブローカー役に映画『レボシューショナリー・ロード』でアカデミー賞ノミネート経験もある個性派俳優マイケル・シャノン。さらに映画『わたしに会うまでの1600キロ』のローラ・ダーンなどが脇を固めている。

<ストーリー>
無職のシングルファザー、デニス・ナッシュ(アンドリュー・ガーフィールド)は、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。たった2分間の猶予しか与えられず―。

家族の思い出が詰まった家を何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバー(マイケル・シャノン)に金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。

母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それによってやがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが…。

映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』は2016年1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開。

公式サイトは近日公開予定。

(C) 2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

関連記事

ニコラ・ヴァニエ監督のインタビューが到着『ベル&セバスチャン』
スパイダーマンがアベンジャーズにも登場?!ソニーとマーベルが提携を発表
『アントマン』は日本人好みのマーベル・ヒーロー!
初登場『アベンジャーズ』は果たして何位に?週末映画ランキング7/4・5版

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 星井 七億
    • 宮本和彦
    • ヒナタカ
    • タクスズキ
    • 片平圭亮
    • 中村真実

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo