高層マンション入居者の姿を暴露?『ハイ・ライズ』劇場マナーCMを公開

ハイ・ライズ 劇場マナー

SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化した『ハイ・ライズ』から、劇場マナーCMが解禁となった。

映画『ハイ・ライズ』劇場マナーCMを公開

高名な建築家ロイヤルによって設計された高層マンション(=ハイ・ライズ)群は、ロンドンにほど近い通勤圏内にありながら、喧噪から切り離された別世界。各戸はラグジュアリーな内装と抜群の眺望を誇り、敷地内にはスーパーマーケット、プール、医療施設、小学校など、あらゆる設備が整っている。理想のライフスタイルを求めてこの場所に引っ越して来た医師のラングは、毎晩のように隣人たちが開く派手なパーティに招かれて新生活を謳歌していた。しかし、ラングは低層階に住むワイルダーから、この建物にはフロアごとに階級が存在し、互いに牽制しあっている事実を知らされる。そして、ある晩起きた停電を境に住民たちの問題は顕在化し、マンションは内部から崩壊を始める――

ハイ・ライズ

映画『ハイ・ライズ』は、SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化する作品。上階に行くにつれ住民が富裕層になっていく新築の40階建て高層マンション(=ハイ・ライズ)で巻き起こる、パーティ三昧の贅沢な毎日を過ごしていたセレブたちが堕落し、じわじわと崩壊していく様子をミステリアスかつアーティスティックな映像美で描いていく。

医師ラングをトム・ヒドルストンが演じるほか、ジェレミー・アイアンズ、ルーク・エヴァンス、シエナ・ミラー、エリザベス・モス、ステイシー・マーティンといった人気俳優たちが集結する。メガホンをとるのは、ベン・ウィートリー監督。

このたび本作の制作陣も大絶賛の日本の劇場向けマナーCMが公開された。

ハイ・ライズ 劇場マナー2

作品の設定にちなんで「セレブのためのマンションの入居説明会」という形で、理想のライフスタイルを求めてここに引っ越してきた医師ラング(トム・ヒドルストン)、ハイ・ライズのコンセプトを考案し最上階に君臨する建築家ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)、そして低層階に住むTVディレクターのワイルダー(ルーク・エヴァンス)の3人が登場し、ハイ・ライズへの入居心得として劇場マナーを紹介している。本映像では、ヒドルストンの吹き替えでおなじみの平川大輔氏がナレーションを担当している。

ハイ・ライズ 劇場マナー1

ベン・ウィートリー監督とプロデューサーのジェレミー・トーマスは、この映像をいたく気に入っているととのことで、ジェレミー・トーマスは「この映画は、一見深刻な話と受け止められてしまいがちだけど、実はブラックなユーモアのエッセンスが沢山入っているんだ。このマナー広告はそれをうまく表現しているね!」とコメントを寄せている。

映画『ハイ・ライズ』は、2016年8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開。

(C) RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

関連リンク

漆黒のティザービジュアルを解禁!映画『ハイ・ライズ』
真実の愛のために人はどこまでできるのか―『きみがくれた物語』予告解禁
ヒトラーにも止められない!伝説の陸上選手を描いた伝記映画の公開日が決定
実話を元にマスコミ界で物議をかもした映画『ニュースの真相』第1弾予告解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 92aki
    • 夏目幸明
    • ゆうせい
    • グアリーニ・ レティツィア
    • 木村うい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo