未使用カット先行解禁!映画『無伴奏』主題歌MVを公開

直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化する映画『無伴奏』の主題歌「どこかへ」へのミュージックビデオが解禁となった。本編未使用カットを使用し、映画の世界観を感じさせるものとなっている。

未使用カットを使用!映画『無伴奏』主題歌MV解禁

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮 斎藤工

1969年。仙台の高校に通う多感な女子高校生の響子(成海璃子)は、同級生のレイコ(酒井波湖)やジュリー(仁村紗和)とともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園紛争を行っていた。そんな中、クラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」で偶然にも渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会った響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく響子。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく――

無伴奏 本ビジュアル ポスター映画『無伴奏』は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した作品。学生運動が盛んだった時代に多感な青春時代を過ごす1人の女子高校生を中心に、男女の悲喜こもごもな恋愛模様と時代の潮流を映し出す青春物語。主人公の響子を成海璃子が演じ、響子が想いを傾ける渉役を池松壮亮、渉の親友・祐之介を斎藤工、さらに祐之介の恋人・エマをnon-noモデルの遠藤新菜と、注目の若手が集結し当時の若者達の恋愛模様を描く。
 
このたび解禁となったのは、本作の主題歌であるDrop’sの「どこかへ」のミュージックビデオ。映画本編映像の他、編集でカットされた成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜の出演する海のシーンなどのカットも含まれており、映画公開前から本編への期待を高まらせるものになっている。
 
『無伴奏』の主人公・響子は辛いことも経験する設定だが、「どこかへ」は、本編のラストシーンの後に流れるということを想定して、映画を観たDrop’sのVo&Gtの中野ミホが書き下ろしており、三拍子のラブソング「どこかへ」に合う優しいシーンを中心に構成されている。本ミュージックビデオに出演している遠藤新菜は「中野ミホさんの説得力あるどっしりとした歌声に、この作品への容易く言葉にしたくない大切な全ての想いがぴったりと合わさって、演奏が盛り上がる瞬間のあのズシっとくるサウンドと映像に、堪えていた涙が溢れました。愛おしくて仕方ありません。ただの主題歌だと思われては困ります。Drop’sのアツい想いがあっての、映画『無伴奏』なんです」とコメントをよせた。
 
「どこかへ」は現在各種音楽サイトにて先行配信中。また、同曲が収録されたDrop’sの4枚目のフルアルバムとなる「DONUT」は2016年5月25日に発売される。

映画『無伴奏』は2016年3月26日より新宿シネマカリテ他全国ロードショー。

(C)2015 「無伴奏」製作委員会

関連リンク

斎藤工&遠藤新菜の剥き出しな濡れ場も解禁―映画『無伴奏』本予告
「また池松脱いだ」だなと思い一回断った―映画『無伴奏』本ビジュアル解禁
鮮烈な描写が話題『無伴奏』追加場面写真が解禁!映画初出演組のコメントも
愛と死とエロスは国境を越える―映画『無伴奏』ヨーテボリ国際映画祭に正式出品

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 猫ライター(コロン)
    • 猫ライター(登世子)
    • しましま
    • 小峰克彦
    • じぇみじぇみ子
    • 村松健太郎

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo