終戦の舞台裏を描く原田眞人監督・脚本『日本のいちばん長い日』新場面写真公開

昭和史の大家・半藤一利の傑作ノンフィクションを『駆込み女駆出し男』の原田眞人監督が脚本・監督が映画化する『日本のいちばん長い日』の新たな場面写真が公開となった。

日本のいちばん長い日 原田眞人監督

日本降伏の決定から、国民に告げられるまで、その終戦の舞台裏では何が行われていたのかを描く超大作。主人公・阿南惟幾(あなみ・これちか)陸軍大臣を役所広司が演じる。

日本のいちばん長い日

また、昭和天皇役を本木雅弘、時の内閣総理大臣・鈴木貫太郎を山﨑努、内閣書記官長・迫水久常を堤真一、終戦に反対し日本の未来を想いながらも、狂気に駆られていく若手将校を松坂桃李が演じるなど、豪華共演陣で描かれる。

日本のいちばん長い日

太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日――

日本映画界が誇る豪華キャスト総出演。昭和史の大家・半藤一利の傑作ノンフィクションを完全映画化『日本のいちばん長い日』は、2015年8月8日全国ロードショー。

関連リンク

1945年8月15日 終戦。その前夜日本で何が起こったのか―『日本のいちばん長い日』2015年8月8日(土)公開決定!
この役はもう大泉洋しかいない…|映画『駆込み女と駆出し男』完成報告会見レポ
大泉洋「まだいて欲しい…」映画『駆込み女と駆出し男』完成披露試写会舞台挨拶

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 藤井隆史
    • 92aki
    • 小峰克彦
    • 宮本和彦
    • 葦見川和哉

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo