歴代米大統領も登場!ドキュメンタリー『みんなのための資本論』公開へ

エコノミカル・ドキュメンタリー『みんなのための資本論』が、2015年11月21日(土)より公開されることが決定した。

資本主義転換の処方箋を説くドキュメンタリー

みんなのための資本論_main

先進国の格差社会の到来を早くから予言し、アメリカの経済政策について影響力を持つ経済学者、ロバート・ライシュ。クリントン元大統領やヒラリー・クリントンとオックスフォード大学時代のクラスメートであり、クリントン大統領政権下で労働長官を務めた彼は、「暴走する資本主義」「格差と民主主義」などの著作を発表し、アメリカの急速な格差の拡大に警鐘を鳴らしてきた人物だ。

みんなのための資本論_sub_1

『みんなのための資本論』は、ライシュを主人公に、資本主義の大転換のための処方箋を説いた“エコノミカルエンタテイメント”作品。サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞するなど、世界の映画祭で絶賛されたこの映画の日本での公開にあたって、字幕の監修を世界的大ベストセラー「21世紀の資本」(トマ・ピケティ)の翻訳者である山形浩生が担当する。

クリントン、ブッシュ、オバマら歴代アメリカ大統領がキャストに

みんなのための資本論_sub_2

映画のキャストには、ライシュのほかに、ビル・クリントン、バラク・オバマ、ジョージ・ブッシュ、ジョージ・W・ブッシュら、歴代のアメリカ大統領たち、そして、ヒラリー・クリントンの名が連ねられており、見ごたえありの経済ドキュメンタリーに期待が高まる。

『みんなのための資本論』は、2015年11月21日(土)より、渋谷のユーロスペースで公開予定。

(C)2013 Inequality for All,LLC

関連リンク

第2次世界大戦の真実に迫るドキュメンタリー『ひとりひとりの戦場』公開決定
沖縄戦の実情に迫るドキュメンタリー『沖縄 うりずんの雨』15年6月公開
沖縄・辺野古問題を描くドキュメンタリー『戦場ぬ止み』東京で先行上映決定
三宅洋平の異色の選挙活動に迫るドキュメンタリー『選挙フェス!』公開決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • しましま
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • apopo
    • 92aki
    • 東京散歩ぽ
    • kaiya

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo