ジャコ・ヴァン・ドルマル最新作 ゴールデングローブ外国語映画賞ノミネート

フランス、ベルギー、スイスの公開初週の興行成績ランキングで第1位を記録した映画『THE BRAND NEW TESTAMENT』が、アカデミー賞の前哨戦であるゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネートされた。

輝かしい受賞歴

本年度カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品され、オースティンファンタスティック映画祭最優秀コメディ作品受賞、ノルウェイ国際映画祭観客賞受賞、バイオグラフィルム映画祭観客賞受賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀女優賞受賞ほか、輝かしい受賞歴を持つ本作。

また、本年度アカデミー賞外国語映画賞のベルギー代表作品にも選出されており、受賞最有力候補と目されている。

鬼才によるファンタジックなコメディ

本作は、『トト・ザ・ヒーロー』『八日目』『ミスター・ノーバディ』の鬼才、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督による6年ぶり4本目となる最新作。

家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいるという“神様”と、その娘を描いた本作。

ストーリーは、パソコンで世界を管理する父親(“神様”)に反発し家出した娘エアが、世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送ってしまったことから始まる。膨大な人間ファイルから選んだ数名を一人一人救済しようと街に繰り出すエア。彼女を追って“神様”も街に出るのだが―。圧倒的想像力とユーモア、そして慈愛に満ちたファンタジックなコメディ映画だ。

ゴールデングローブ賞の結果発表は2016年1月10日で、2016年初夏には、日本での公開も決定している。

来年も話題はつきそうもない本作。公開を楽しみに待とう。

関連記事

究極の絶望の中から覚悟の希望を示唆する ロシア映画『裁かれるは善人のみ』
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の大人のぬり絵が登場
老人と子供の奇妙な絆?『ヴィンセントが教えてくれたこと』の予告編が公開
ビル・マーレイ演じる不良オヤジと少年の友情物語『ヴィンセントが教えてくれたこと』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • タクスズキ
    • Yamazaki
    • あかめ
    • 葦見川和哉
    • 夏目幸明

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo