五月病を映画でぶっ飛ばせ!真っ直ぐに生きる刑事の背中に男を見る『刑事物語』

刑事物語 HDリマスター版《Blu-ray》

GW最高!と言っていたはずが、気がつけば日常。4月からの新年度に張り切っていたはずが、たった少しの連休で心がグラグラ。もしかして、これが五月病?なんて方も多いと思います。

そこで今回は、そんなグラグラの心をぶっ飛ばしてくれる作品「刑事物語」をご紹介します。常に真っ直ぐ、正直に、弱音を吐かずに生きる刑事の姿に、五月病だなんて言い訳は通用しなくなりますよ。

ゆうせいの「あっちじゃない方の気持ちいい映画」

男の魅力は顔でも足の長さでもなく、心意気である

昨今、イケメンだと何かと許される風潮がありますが、正直なところ、結局は顔でも、そして足の長さでもなく、男の魅力は心意気です。

急に何を言っているんだと思われるかもしれませんが、本作を観ればわかります。

主演は武田鉄矢さん。金八先生が有名ですが、実は片山刑事としての顔も持っており、マニアの中ではこのシリーズこそが最高という声も少なくありません。もちろん私のその1人です。

私が言うのも何ですが、武田さんは日本人の平均的な体型であり、モデルのような顔立ちでも、スタイルでもありません。しかし、作中では見事な肉体とアクションを披露し、徹底して弱者を守る、いや、護る姿をこれでもかと見せてくれます。

イケメンじゃなくても、たとえ足が短くても、汗っかきでもいいんです。男の魅力はそんなところで決まりません。もちろん多少は左右されるかもしれませんが、本質はもっと奥のそのまた奥にある心意気です。

本作を観終わるころには、そんな細かいことはどうでもよく思えるほど、片山刑事の生き様に惚れ込んでいることでしょう。

もしかして、明日から本気出すとか言っていませんか?

五月病のせいにして、今日という1日を必死に生きずに、続きは明日やろうとか言っていませんか?

そんなことを言ってる間に、大事なことや大切なことは通りすぎ、1mmも待ってくれません。

片山刑事は、なんか身体がだるい、今ひとつやる気が出ないなんて生ぬるいことは一切言いません。犯罪はいつどこで発生するか分かりませんし、気を抜いてる場合じゃないからです。

ぬるいことを言いそうになったら「刑事物語」を観る。

辛いことや悲しいことが起きて、どうしてもやる気が出ないときも「刑事物語」を観る。

これが1番の特効薬かもしれません。そして、ご安心ください。シリーズは全5作あります。そして、そのどれもが素晴らしいです。

個人的には、第2作の「りんごの詩」と第5作の「やまびこの詩」が甲乙つけがたいと思っております。

時間の無い方は、第1作と上記のどちらからでもご覧いただければ、その瞬間から気持ちがみなぎると思います。そして、エンディングテーマの「唇をかみしめて」を口ずさみつつ、また明日から邁進しましょう!

それではまた。
ご存知、ゆうせいでした。

関連記事

信じ合う者たちがみんな幸せになる映画『ザ・エージェント』で泣こう

絶対距離感に癒やされる映画『しあわせのパン』はパンを準備してご覧ください

新入社員よ!就活生よ!仕事への情熱がみなぎる『陽はまた昇る』はきっと糧になる

冷凍睡眠から目覚めた犯人と警官が暴れる!?超気持ちいい映画『デモリションマン』

ニコラス・ケイジがロン毛である必要はありませんが、『コン・エアー』はとってもスッキリする映画です!

他の記事も読む

(文:ゆうせい

    ライタープロフィール

    ゆうせい

    ゆうせい

    人生のいろはを映画から学ぶ男。悪に鉄槌を下す映画が大好物であり、胸がかきむしられる映画に影響を受けやすい。いつか映画館で前後左右の席も買って、映画に心から没入したいと思っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • オオツカヒサオ
    • 朝井麻由美
    • 田下愛
    • 猫ライター(登世子)
    • 立岡未来

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo