島崎遥香「原作の心情や描写を細かく台本に書き写して役作りをした」、『ホーンテッド・キャンパス』インタビュー

FullSizeRender 2

本日7月2日(土)より公開となる『ホーンテッド・キャンパス』。

シネマズでは灘こよみ役を演じられた島崎遥香さんへインタビューを行いました。役作りや撮影現場の和やかな雰囲気について様々お話をしてくださいました。

 

ーー中田秀夫監督の「劇場霊」の際に島崎さんのお顔がホラー向きとおっしゃっていましたが、ご自身ではホラー向きだと思われますか。

島崎:今回はそこまでホラーということもなく青春映画の側面が強いので、前回とはまた少し違う感じかなと思います。

 

ーー青春映画としてキュンとしたところなどはありましたか。

島崎:私が演じるこよみはピュアで、本当にこんな大学生が存在するの?と思うほどでした。だからこそ、そんな女の子が存在してほしいなという、世の中の男の子に夢を与えられたのかなと思います。

 

ーーどうやってそのキャラクターを作られていきましたか。

島崎:とにかく原作を読み込みました。

 

ーー原作は映画に出る前から知っていましたか。

島崎:知らなかったので、映画の出演が決まってから読みました。原作は台本よりも描写や心情が詳しく書いてあったので、それを細かく台本に書き写していきました。

 

ーー原作の漫画は何巻も出ていますが、どの辺りまで読まれましたか。

島崎:映画で描かれる部分、つまり最初の方をとにかく読み込みました。

 

ーーホラー映画の部分と青春の部分、どのように演じ分けられましたか。

島崎:特別意識はしていなかったと思います。私の役は霊が見える役ではありませんでしたので。ただ、霊に取り憑かれるシーンだけ違う人格で演じなければならないので、乗り移られた女の子を演じている子とお話しをして作り上げていきました。

 

ーーこの映画でオススメの面白いシーンなどはございますか。

島崎:笑える部分は何箇所かあったかなと思います。でも結構前に見たので……みんなどこで笑っていたか忘れっちゃいました(笑)

ーー中山優馬さんが演じられた役、つまり奥手な男の子について島崎さん自身はどう思いますか。

島崎:なんかもどかしいですよね。私自身は男らしさがある人が良いです。最近は考えてることがわからなかったり、出さない若者が多いので…。男らしい人がいいです。

 

ーー映画の中でまさかの壁ドンがありましたが、あのシーン撮影でどうでしたか。

島崎:撮影中はもちろん演技なので笑えませんでしたが、台本を読んだ時は笑いました。壁ドンて…この映画が公開される時にも流行ってるのかな?と思って不安になりました(笑)しかも、両手で…。普通に考えてあり得ないところでするので。笑っちゃいけないところなのでとにかく我慢しました。

 

ーーあの壁ドンはテイク数はどれくらいでしたか。

島崎:結構あったと思います。明け方に朦朧としながらやっていた記憶があります(笑)

 

ーー中山さんの印象はいかがでしたか。

島崎:役と全然違って、とてもしっかりしていて同い年とは思えないくらい気遣ってくださいました。

 

ーー中山さん、大野さん、安井さん、三人の演じた役の中だとどの男性が一番タイプですか。

島崎:大野くんのキャラクターですかね。一番男らしいキャラクターなので。

 

ーーでは、実際の大野さんは?

島崎:私とは合わないです(笑)テンションが高過ぎて追い付かない感じがします。私は朝機嫌悪いことが多いのですが、そこに明るい感じでくると「うわぁ…」と(笑)中山さんは逆に気を使って、うまい具合に放っておいてくれるので嬉しかったです(笑)

◯FullSizeRender 6

ーー映画の中での5人の掛け合いが本当の大学生活のようで自然に見られました。撮影期間に仲良しになった部分も良い意味で影響してますか。

島崎:してると思います。最初の方は全然喋れませんでしたが、中山さんが全員で話せる空気を作ってくれました。

高橋さんも話してみるととても気さくで、優しくて。あんなに綺麗なルックスなのに関西弁で自然と仲良くなれたのが嬉しかったです。

そういう意味では皆キャラが違い、異色な人たちが交わっていて、それがちゃんと映画の中で形に表れていてとても良かったです。

 

ーー劇中の島崎さんの衣装はピュアさが出ていてとても可愛らしかったです。島崎さんはあのような格好は普段されますか。

島崎:まったくしないです。あのような服装は今まで着たことがなかったですね。メインとしている衣装は原作に近い衣装になっています。やはり原作ファンの方を悲しませたくないので、髪型など外見から入った部分もありました。

 

ーー個人的にお芝居など関係なくハマっているファッションアイテムなどありますか?

島崎:首がつまっている服が好きです。首が長いのがコンプレックスなので首を隠すアイテムが欲しくて。

 

ーー映画の中で中山さん演じる役は優しさがあるのか掴みにくいタイプでしたね。島崎さん自身は男性の優しさに気が付けるタイプですか。

島崎:気が付けないタイプです。だからストレートで男らしい人がいいなって思います。遠回しだとわからないし、遠回しはいらないです。なんか遠回しの優しさで傷つくこともあると思うし(笑)わかりやすい方がいいです。

 

ーーそういうのができない男たちが読んでる媒体なんですがアドバイスを!
(合同取材のWeb媒体「チェリー」さんのご質問)

島崎:ナチュラルがいいです。やってます!っていうよりも。私は口が上手い方ではないので、心を読み取ってくれるような人がいいです。何も話さなくても、変化をわかってくれるような人が素敵です。

 

ーー映画の中で描かれる”夢”の中では若干積極的な女の子になりますね。

島崎:ああやって、学校内で腕を組んだりしたことがなかったから、できないことをやらせてもらえたという意味でとても面白かったです。

 

ーー竹本監督は映画初監督ですが、これまで島崎さんが関わってきた監督さんと違うところはありましたか?

島崎:とにかく現場が明るかったです。スタッフさんもバラエティを担当された方が多いみたいで。スタッフさん同士で言い争いなどもなく、忙しい中でも和やかな空気で素敵な現場でした。

 

ーーもし島崎さんがAKBメンバーで乗り移れるなら誰に乗り移りたいですか。

島崎:小嶋陽菜さんですね。思考回路が掴めなくて凄くおもしろいので、乗り移りたいなと思います。

島崎遥香 ホーンテッド・キャンパス

島崎遥香さん笑顔溢れる素敵なインタビューをありがとうございました!
『ホーンテッド・キャンパス』は本日7月2日(土)より全国ロードショーです。

(取材・文:柳下修平)

    ライタープロフィール

    柳下修平

    柳下修平

    シネマズby松竹編集長、1986年生まれ、今年で30歳。個人ブログ「Cinema A La Carte」も運営。映画イベント「映画の食事会」主催や幻冬舎「Ginger」及び「Spark Ginger」で映画コラム連載も。ブロガーメルマガEdge Rank執筆メンバー。映画以外ではカメラと旅行が趣味。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 藤井隆史
    • アスカ
    • apopo
    • firstserver
    • じぇみじぇみ子
    • なぎさ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo