『オケ老人!』に見る“アマチュア”オーケストラの世界とは?

オケ老人!01

(C)2016 荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会

こんにちは、シネマズ公式ライターで現役アマチュアオーケストラ団員の田下愛です。

“世界最高齢”アマチュアオーケストラ「梅が岡交響楽団」の奮闘を描いた現在公開中の『オケ老人!』。

実際にアマチュアオーケストラでヴァイオリンを弾いている筆者からしますと、この作品は、もちろん誇張された部分もあるのですが、普段慣れ親しんでいる世界が存在しているだけに、非常に心動かされ、感動した作品でした!

今回は、現役アマオケ奏者の筆者の経験を生かして、映画『オケ老人!』に見るアマチュアオーケストラの世界をみなさんにご紹介したいと思います。

アマチュアオーケストラは一駅に一つ?

『オケ老人!』の主人公・千鶴(杏)は、「梅が岡」の名を冠したオーケストラの素晴らしい演奏を聴いて感激。以前弾いていたヴァイオリンを再開しようと、地域名を頼りに「梅が岡交響楽団」を見つけて連絡をとり、入団します。

しかし、いざ練習に行くと、次から次に現れる年配の団員たちは、演奏会で見事な演奏をしていたオケとはどうも違う様子。そう、千鶴が見た演奏会は「梅が岡交響楽団」(梅響)ではなく「梅が岡フィルハーモニー」(梅フィル)のもの。「梅が岡」違いだったのです。

入るオケを「間違えちゃった!」千鶴。ただ、これ、現実でも決してありえない話ではありません。日本国内には、無数のアマチュアオーケストラが存在し、東京都内では「一駅ごとにアマチュアオーケストラがある」という話を耳にしたことがあります。そして、梅響と梅フィルのように、同じ地域名を冠して微妙に楽団名が違うケースもわりとよくあるのです。なので、オーケストラに入りたいと思ったときは、しっかりフルネームで楽団を確認したほうがよいのです。

オケ老人!03

(C)2016 荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会

楽しさが第一?セミプロを目指す?アマオケは目的もさまざま

『オケ老人!』に登場するふたつのオーケストラ、梅が岡交響楽団と梅が岡フィルハーモニー。かつてはひとつのオケだったのが分裂してしまった彼らですが、同じアマチュアオーケストラでありながら、取り組み方は全く異なります。

「梅が岡フィルハーモニー」は、入団に際してオーディションがあり、入団すると演奏会に出るために同じパート内でライバル同士として競い合い、切磋琢磨しています。また、「幻想交響曲」(ベルリオーズ)のような難易度の高い曲に挑戦し、演奏会のために著名な指揮者を呼び寄せるなど、いわばセミプロともいえるオーケストラです。

一方「梅が岡交響楽団」は、かつては伝統ある楽団だったものの、梅フィルと分裂して残った団員は高齢者ばかり。演奏会を開くこともままならず、練習でもみなてんでばらばらな音を奏でていますが、団員たちは仲良しで、練習の後も団員さんのお店で飲み会をしたりと、のんびり音楽を楽しんでいるオーケストラです。

実際のアマチュアオーケストラでも団体の成り立ちや雰囲気はさまざまです。結成の仕方として一般的なのは、地域の音楽好きな人たちが集まる市民オーケストラ、大学で学生たちが作る学生オーケストラ、大学オケを卒業した仲間同士が母体となるOB/OGオケなどでしょうか。そして、有り様も、趣味の延長のような緩やかなペースで練習するオケから、、技術向上を第一に厳しい訓練を重ねるところまでいろいろあります。なお、どのようなオケがいいのかは一概にはいえません。無理をせず楽しむこと、難しいことに挑戦すること、どちらも演奏する醍醐味には違いないのですから。

オケ老人!05

(C)2016 荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会

老若男女さまざまな人が音楽家に変身するアマチュアオーケストラ

『オケ老人!』の主人公の千鶴は高校教師で、コンマスの野々村(笹野高史)は電気屋を営んでいますが、、アマチュアオーケストラは、年齢も職業もさまざまな人が集まってくるのが面白いところです。筆者もオーケストラ活動をしていく中で、会社員や主婦の方、大学生に学校の先生、看護師さんにバスの運転手さんなど、さまざまな職業、経歴をもつ方と一緒に演奏を楽しんできました。それぞれいろいろ仕事を抱えつつも、練習会場に集まったときは、おのおの楽器を手に音楽家に変身するのです。

なお、アマチュアオーケストラは、仕事や学校のない土日を使って行うことが多いです。筆者もよく土日に練習のために楽器を抱えて電車に乗るのですが、道中、楽器を抱えている人とよくすれ違うので、「ああ、練習に行くところか、帰りかな?」と思います。ここを読んでる方も、もしも土日、楽器ケースを抱えた人に会ったなら、それは、もちろんプロ奏者という場合もありえますが、むしろ週末の練習に出かけるアマ奏者である可能性が高いと思います!

    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • つちや ゆみえ
    • 斉藤守彦
    • 92aki
    • 岡部照将
    • しましま

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo