『貞子vs伽椰子』は世界中を幸せにする傑作だった!必見である15の理由を全力で語る!

6月18日(日)から映画『貞子vs伽椰子』が公開されます。
ここでは、試写で一足先に鑑賞した筆者が、ネタバレなしで本作の魅力がどこにあるのかを全力で語ります!はっきり言って、シリーズ随一の傑作でした!

貞子vs伽椰子 ネタバレ (C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

1.あの2大ホラーキャラクターが対決!

本作は『リング』シリーズの恐怖の対象である“貞子”と、『呪怨』シリーズの“伽椰子”とのバトルが勃発するという内容です。
洋画ファンであれば『エイリアンVSプレデター』『フレディVSジェイソン』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』などを思い出すでしょう。
(ちなみに、日本にもすでに『ひきこさん VS こっくりさん』や『ひきこさん VS 口裂け女』があり、7月2日(土)より『トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ』が公開されたりもします)

本作の何がすごいって、 “物理”で攻めるモンスターではなく、“呪い”で人間を苦しめるキャラが対決することです。
「武器を持って戦ったりできないじゃん!こんなんで“VS”できるの?」と誰もが首をかしげるのではないでしょうか。

でも……“VS”できていたんです!その実現のために、本作はあらゆる工夫がなされていたのですから!

2.『リング』シリーズの“ルール”が違う!?

『リング』シリーズで多くの人を震え上がらせたのは、何よりも“呪いのビデオ”です。
ビデオには“観た者は1週間後に死んでしまう”という呪いが込められており、そのために“逃れられない”ルールが恐怖となり、また“限られた時間で助かる手段を探す”というおもしろさにもつながっていました。

今回の『貞子vs伽椰子』では、その呪いのビデオのルールに変更を加えています。
どう変わっているかは観て確認していただくとして……これは製作者の都合が透けて見えまくりで、もはや潔いものでした。

とはいえ、“基本”となる『リング』の恐怖はしっかり押さえられています。
ネタバレになるので詳細は伏せておきますが、呪いのビデオから逃れるには、“あの方法”がありましたよね。その方法が本作では……。

貞子vs伽椰子 (C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

3.『呪怨』シリーズの恐怖をしっかり継承!?

『呪怨』シリーズでは、伽椰子とその息子の俊雄が、“ふつうの一軒屋(または学校などのさまざまな場所)”の“どこかに潜んでいるという”ということが恐怖につながっていました。

今回の『貞子vs伽椰子』では、一軒屋はわかりやすく老朽化したボロ屋になっており、ここに入った人間はゴ◯ブリホイホイのように餌食になるという感じになっています(笑)。

しかし、“伽椰子と俊雄がどこにいるか(どこから来るかわからない)”という恐怖はしっかりと継承されています。しかも、シリーズによくある “バスタブ”の中では……。

4.とにかく“VS”に特化した内容に!

『リング』シリーズの貞子は悲しい過去を背負っていたこと、『呪怨』シリーズの伽椰子は歪んだ愛情を意中の男性に注いでいることが描かれていました。

しかし、『貞子vs伽椰子』にはそのような背景描写は一切なし! あくまでも“貞子の能力はこんなに強いんだぞ!”“いやいや、伽椰子だって負けちゃあいないさ”“しかも伽椰子は息子の俊雄とタッグを組んで迫ってくるんだぞ!”といった、男の子の“どっちが強いか議論”をそのまんま映像化したような内容なのです。

これは“VS”ものとして存分に正しいですよね。このふたりがどう戦うかは、何ひとつ言えません!ぜひ観て確認してください。

貞子vs伽椰子 (C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

5.抱腹絶倒のシーンが待ち受ける!

本作で自分が大好きでしょうがなかったのは“笑える”こと。具体的にどの場面かは言えませんが、とりあえず“笑すぎて腹筋が痛くなるレベル”とだけ言っておきます。
笑いと恐怖は紙一重。怖いはずのシーンも、ちょっとズレれば笑えてしょうがないのです。

その笑いの瞬間最大風速っぷりは、『貞子3D』の“貞子が終盤に◯◯◯”、『呪怨 白い老女』の“バスケババア”を超えていました。
最近思い切り笑っていないな、と思う方にもぜひオススメします。

    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」運営中。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。映画に対しては毒舌コメントをしながら愛することをモットーとしています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 奥浜レイラ
    • あかめ
    • 奥野 大児
    • ながち

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo